Announcement of the award winners of the 4th “SDGs ・ AFPWAA STUDENT WORKSHOP” for junior and senior high school students


SDGs・AFPWAA STUDENT Workshop

The 4th project “PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS”

AFP World Academic Archive (AFPWAA) is a service that provides Japanese educational institutions with a database of news photos, video images, etc. distributed by AFP News Agency in France.

  AFPWAA is holding a workshop this year in support of the SDGs (17 goals and 169 targets for sustainable development) adopted at the United Nations General Assembly in September 2015.

Each elementary, junior and senior high school student who participates in the workshop selects a news photo according to the SDGs goals that will be assigned to the subject, and creates a work with a Japanese title and commentary.

AFPWAA Official “Instagram” (Delivering all entries)

− Announcement of the 4th award-winning works and general comments –

4th SDGs Point Labo @ Japan Award
(Supplementary prize: UN SDGs pin badge)

“Collision and its impact”

Palestinian amputees Mohammed Eliwa, 17, who lost his leg during clashes on the border with Israel, plays football on the beach in Gaza City on August 20, 2019. (Photo by MAHMUD HAMS / AFP)

[Work] Reason for choosing photo

彼は17歳のパレスチナの少年。
イスラエルとの国境での衝突中に負傷し片足を失ってしまった、しかしこの写真ではガザ市のビーチで松葉杖をつきながらもフットボールを楽しむ彼の姿が写されている。
彼は誰しもが選べない出生地という事柄において、偶然にもその場所に生まれ落ちてしまい、偶然にもその時代に生きてしまったために戦火に巻き込まれその結果、片足を失った。
この写真についての問題点はこの写真には写っていない、その問題点とは戦争に全くと言っていいほど終わりが見えないことと成年にも満たない男女やより若い赤子、その両親などの非戦闘員もこの戦いに巻き込まれているということだと私は考える。
これをみた皆さんには「私が世界を変える」といった考えを持ってもらいたいとは私は思わない、ただ同じ世界の同じ時間でこのようなことが起きているということを頭の片隅に置いて、その上で少しでも自分にできることを考えていただきたい。(ペンネーム:SK)

[Seisoku Gakuen High School]

Judge: Tomio Yanagisawa (CEO of Round Table Com, Inc.)

A silhouette with a beautiful sunset in the background. However, if you look closely, the background behind it is unimaginable. Perhaps it is an important attitude to do personal affairs in the wake of a photograph that captures such a moment. Indeed, everyone is thinking, “I want to think about what I can do.”

Honorable mention

“Smile shining in agony”

Displaced Iraqi children peak from behind a sheet at al-Khazir camp for the internally displaced, located between Arbil and Mosul, on July 30, 2019. (Photo by SAFIN HAMED / AFP)

[Work] Reason for choosing photo

私がこの写真を選んだ理由は、写真に写る2人の子供の笑顔に目がひかれたからだ。キャプションを見るとこの写真は、イラクの難民キャンプで撮られた写真だった。私は、キャンプは生活する場所であり、キャンプの中で睡眠をとったりするはずなのに、どうしてシートに穴が開いているのか疑問に思った。そこで、移民や難民キャンプについて調べてみた。すると、移民は約25万人いることがわかった。また、食糧や電気が通らない地域があること、病院に行きたくても、お金がなく病院に行くことができない人がいることもわかった。このような状況の中、UNHCRという援助活動をしている団体を見つけた。私は、お腹が空いたらご飯を食べ、普通に学校に行ける生活が、当たり前のようでとても幸せなことだと実感した。そのため、自分でも寄付などの手段で、役に立ちたいと思った。

[Saki Nemoto, Nihon University Tohoku High School]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.