月別アーカイブ: 2016年3月

ご来場ありがとうございました!

2016年3月26日(土)に開催された、”学習ログからPBLへ 『第13回 BBCoach Project 二次審査会』” および ”英語で論理的に『2020年を予測せよ!』” 二つのイベント合わせて述べ100名近くの方々にご来場いただきました。大変ありがとうございます。

慶應義塾大学三田キャンパス第一校舎101教室をお借りして、下記のイベントを開催しました。

午前の部(10:30-12:00):2020年を予測せよ!

・開会
・開会挨拶
柳沢富夫 (国際的学習プログラム研究委員会 委員長)
国際的学習プログラム研究委員会では下記の通り、一流のメディアコンテンツを活用し、学習の経過に注目した、PBL環境での学習者の発表会の機会を設けました。多くの方々に、未来を支える学習者達の活躍の場を共有していただきたいと思います。
IMG_4139

・生徒発表1
「2020年の個性を活かす教育を予測する」
“Future Characteristics of Education in 2020”
木本快(東京インターハイスクール 1年)
英語での発表に初チャレンジ。「個性」のイメージとしてAFPの写真資料を活用しました。
IMG_4164

・生徒発表2
「2020年の南スーダンを予測する」
“South Sudan in 2020”
椎名達弘(関西学院千里国際高等部 2年)
自分が得意とする政治的な観点から、これからの南スーダンを5つのシナリオごとに予測し、解析しました。AFPの記事から文字資料の引用が効果的でした。
IMG_4175

・生徒発表3
「2020年の医療を予測する」
“What Year 2020 Looks Like from a Medical Perspective”
M.F.(東京インターハイスクール 1年)
得意な医療の分野で、AFPフォーラムを利用して、研究者などが出している数値をもとに自分の予測を論理的に組み立てました。

・生徒発表4
「2020年の社会福祉におけるインターネットの活用を予測する」
郷野翔太朗、秋田晴海、市原堯(工学院大学附属中学校 1年)
まだ英語の学習を始めたばかりの中1トリオですが、元気に発表してくれました。AFPで見つけた動画が、考えるヒントになりました。
IMG_4200

・指導してくださった先生たち
東京インターハイスクール 三好陽子先生
IMG_4220
東京インターハイスクール 加藤潤子先生

工学院大学附属中学校 高橋一也先生
IMG_4224

・ご協力いただいた企業の方
株式会社クリエイティブ・リンク 加来賢一様
IMG_4235

大日本印刷株式会社 下野秀勝様
IMG_4410

主催:国際的学習プログラム研究委員会
ilprc.heraldry
共催:BBCoach Project
bbcBIg
協賛:大日本印刷株式会社
dnp


午後の部(13:00-16:30):第13回 BBCoach Project 二次審査会

2003年から実施しているジュニアウェッブクリエータ達の登竜門のウェッブコンテスト。今年もたくさんの中高生が自由な発想でインターネット上での自己表現にチャレンジ、この日はファイナリスト7チームによる発表と最終審査を行いました。

審査会の結果はこちらに掲載しております。

IMG_4337

IMG_4494

なお、午前の部・午後の部ともに、近々YouTubeにて動画を公開いたしますので、ご期待ください。

皆様、ご参加ありがとうございました。

またご協力いただいた皆様も本当にありがとうございました。

イベントURLはこちら

主催:BBCoach Project
bbcBIg

 

 

13回目に突入!PBL コンテスト

2015年度、第13回BBCoach Projectの二次審査会が以下の通り開催されます。
日時:2016年3月26日(土)午後1時〜4時半
場所:慶應義塾大学 三田 第一校舎101番

主催:BBCoach Project事務局

〒141-0031 東京都品川区西五反田8-2-10-707 (有)ラウンドテーブルコム内

参観無料。ご父兄の方々、社会人の方々、教育関係者の方々、企業の方々も大歓迎です。プロジェクト・ベースド・ラーニング環境BBCoach Projectで育った学習者たちの素敵な晴れ姿を一人でも多くの方にご覧いただければ幸いです。

国際的学習プログラム研究委員会主催の学習者向け発表会のお知らせ

「2020年を予測せよ!」

国際的学習プログラム研究委員会では下記の通り、一流のメディアコンテンツを活用し、学習の経過に注目した、PBL環境での学習者の発表会の機会を設けました。多くの方々に、未来を支える学習者達の活躍の場を共有していただきたいと思います。

日時:2016年3月26日(土)午前10時30分〜12時

場所:慶應義塾大学 三田 第一校舎 101番

主催:国際的学習プログラム研究委員会

共催:BBCoach Project

協賛:大日本印刷株式会社

2020年を予測せよ!

国際的学習プログラム研究委員会では下記の通り、一流のメディアコンテンツを活用し、学習の経過に注目した、PBL環境での学習者の発表会の機会を設けました。

多くの方々に、未来を支える学習者達の活躍の場を共有していただきたいと思います。

日時:2016年3月26日(土)午前10時30分〜12時
場所:慶應義塾大学 三田 第一校舎 101番
主催:国際的学習プログラム研究委員会
共催:BBCoach Project
協賛:大日本印刷株式会社

2016年3月26日開催
「2020を予測せよ!」イベント申込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

国際的学習プログラム研究委員会:「2020年を予測せよ!」発表会(必須)
発表者として参加します視聴者として参観します

学習者学習コーチ父兄教員教育関係者(教育関係企業も含む)社会人一般企業

所属等の具体的な情報/応援メッセージ

20160309-2.2020を予測せよ

 

第1期国際的学習プログラム研究委員会委員

任期:2016/2/1〜3/31

委員長 柳沢富夫 (有)ラウンドテーブルコム、関東学院大学、東京女子大学、NPO法人プロジェクトマネジメント・インキュベーション協会
委員 伊藤豊 聖学院中学高等学校
委員 上村光治 防災科学技術研究所
委員 木村京子 東京インターハイスクール
委員 シャミ・ダッタ 関西学院千里国際中学高等学校
委員 高橋一也 工学院中学高等学校
監事 伊東緑 NPO法人プロジェクトマネジメント・インキュベーション協会

第1回ILPRC:見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」No.5

第1回国際的学習プログラム研究委員会(International Learning Program Research Committee):見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」報告No.5

開催日時:2016年2月27日(土)13:00〜18:30
会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス 教室棟301教室

「国際的学習の基礎データ:学習ログ」 柳沢富夫 (教育コンサルタント、PMAI理事、関東学院大学講師)
教育コンサルタント(PBL、英語学習コーチング、学習記録) ICT技術を駆使し教育評価システムを開発。(有) ラウンドテーブルコム代表取締役社長、東京都立戸山高校SSH(科学技術振興機構)元運営委員、関東学院大 学非常勤講師、東京女子大学英語アドバイザー、NPO法人プロジェクトマネジメント・インキュベーション 協会理事、一般社団法人国際平和映像祭顧問、一般社団法人トモエそろばんMI協会理事などを兼任。

20160227.yanagisawa

https://youtu.be/jbORPVjVaTg

第1回ILPRC:見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」No.4

第1回国際的学習プログラム研究委員会(International Learning Program Research Committee):見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」報告No.4

開催日時:2016年2月27日(土)13:00〜18:30
会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス 教室棟301教室

「社会科(歴史)とTheory of Knowledge」 ダッタ・シャミ (関西学院千里国際中等部・高等部)
関西学院千里国際中等部・高等部 (日本史/比較文化担当) / 大阪インターナショナルスクール (社会科教員、日本史(IB History)担当)東京学芸大では国際バカロレア(IB)の研究、IBの教員を養成する。St. Mary’s International High School(東京)卒業、国際基督教大学(ICU)学士(歴史学)、University of British Columbia, Vancouver 修士(歴史学)。4月から東京学芸大学教職大学院准教授。

20160227.Datta

第1回ILPRC:見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」No.3

第1回国際的学習プログラム研究委員会(International Learning Program Research Committee):見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」報告No.3

開催日時:2016年2月27日(土)13:00〜18:30
会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス 教室棟301教室

「ルーブリックを活用したPBL」   伊藤豊 (聖学院中学校高等学校高等部長)
聖学院中学校高等学校・高等部長・国語科教諭 校内で長年行われてきた学校行事、体験学習のPBL化を推進。ルーブリックを活用し、学習効果の見える化 を図る。現在は聖学院独自のキャリア教育プログラムの構築に取り組んでいる。

20160227.itoyutaka

第1回ILPRC:見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」No.2

第1回国際的学習プログラム研究委員会(International Learning Program Research Committee):見えるアクティブラーニング「国際バカロレアとPBL」報告No.2

開催日時:2016年2月27日(土)13:00〜18:30
会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス 教室棟301教室

「モデルハウスプロジェクト」   伊東緑 (PMAI理事、PMI®認定PMP®)
プロジェクトマネジメント(PM)研修講師、NPOプロジェクトマネジメント・インキュベーション協会理 事、株式会社アイ・クリエイティブ東京営業所所長、社会人が使うPM手法を中高校生向けにわかりやすく、 体験型学習、PBLの形式にて教える。PBLの実践に必要なPM力を伝えるPBLの伝道者。

20160227.ito