SDGs」タグアーカイブ

アニメーション「生命保子の未来の授業」を活用した中学校での授業例が公開されました!

有限会社ラウンドテーブルコムでは、2022年3月から4月にかけて、一般社団法人生命保険協会によるアニメーション「生命保子の未来の授業」(制作:大日本印刷株式会社)を副教材として活用しながら社会保障制度の仕組みや、保険による自助の重要性について中学生が実感を持って学ぶ、Project Based Learning(課題解決型学習)の授業を開発し、開智日本橋中学校、光英VERITAS中学校、慶應義塾普通部の3校にて実施してまいりました。

弊社が作成、授業で使用した、
・カリキュラム(指導計画案)
・事前配布資料
・予習シート基礎編・発展編
・語句等の説明資料(金融から始まる近未来(中学生向け))
・授業スライド(動画教材フォローアップ編)
・授業時作業シート(夢リスクそなえマップ)
・ルーブリック(学習到達度を示す評価基準)

および、授業の概要、授業風景の写真、生徒・教員の感想などが、生保協会様の特設サイトで公開されています。

https://www.seiho.or.jp/edu/lesson/case/

人生100年時代、健康で自分らしい人生を送るには、どうしたらいいでしょうか。
そのために必要なお金の勉強を、残念ながら日本ではこれまで学校であまり教えられてきませんでした。

有限会社ラウンドテーブルコムでは、これからも様々な金融機関と連携して、お金について学ぶPBL型の授業を提供してまいります。生保協会様との授業はその第1弾です。ぜひご活用いただけると嬉しいです。

生命保険協会のアニメーション「生命保子の未来の授業」を使って中学生向け授業を展開します!

有限会社ラウンドテーブルコムでは、リスクに対する保険の仕組みを楽しみながら学べる生命保険協会のアニメーション「生命保子の未来の授業」を活用し、探求、ディスカッション、発表を含むグループワークを中心とした中学生向け授業を展開しています。

アニメーションおよび本件詳細は、下記でご覧ください!

▼YouTube:  

短編告知動画:https://youtu.be/ceFvDukaYhQ  

第1章「未来はなにが起こるか分からない」:
https://youtu.be/JDcL_Iaz6BU  

第2章「ゲームで学ぶリスクと備え」:
https://youtu.be/5BDFvqOcDaw  

第3章「リスクに備える安心の仕組み」:
https://youtu.be/Ib3oX78AqyU  

第4章「未来の備えと支え合う社会」:
https://youtu.be/oK_atwgj9qA

▼特設ページ(制作:株式会社DNPメディア・アート)

生命保子の未来の授業│一般社団法人 生命保険協会 (seiho.or.jp)

▼リリース

アニメーション「生命保子の未来の授業」の公開について~生命保険協会YouTubeチャンネルにて配信~ | 2021 | ニュースリリース | 生命保険協会 (seiho.or.jp)

共に創ろう持続可能な社会 〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜

オンラインイベントのお知らせです。

品川区でSDGs、第3弾です!

国連の設定したSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、コミュニティの役割は大きいです。SDGsストーリーの共有で「まち・ひと・しごと」活性化アクションを起こしましょう!

日時:2021年2月27日(土)
   午後1時〜4時(開始10分前より入室可)

参加方法:Zoom
     ※お申込みいただいた方にメールでURLを通知します。

定員:80名(申込先着順・参加費無料)

内容:

  1. 基調スピーチ
    • 『新型コロナとSDGs』(立正大学 心理学部 小澤 康司 教授)
    • 『戸越公園を中心に地域・企業と連携するSDGs教育の取り組み』(立正大学 地球環境科学部 後藤 真太郎 教授)
  2. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第1部
    • シナネンホールディングス(株) 経営企画部 広報IRチーム 吉田 明子
    • 子どもゆめ食堂「だんらん」 宮木 丸美
    • とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa 杉本 将輝
  3. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第2部
    • 東洋製罐グループホールディングス(株) イノベーション推進室リーダー 三木 逸平
    • 大日本印刷(株) 出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 伊藤 紗知代
    • (株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当 金井 隆行
  4. 参加型ディスカッション 〜コミュニティづくり〜
    • 登壇者&参加者の皆様で、オンライン上のホワイトボードと付箋を使って共に考える
  5. 提言『SDGsアクティブローカルポイント活用で、SDGsアクションの見える化を!』(ラウンドテーブルコム 柳沢富夫)

主催:立正大学、(有)ラウンドテーブルコム
協力:(一社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、シナネンホールディングス(株)、子どもゆめ食堂「だんらん」、とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa、東洋製罐グループホールディングス(株)、大日本印刷(株)、(株)近畿日本ツーリスト首都圏、国際的学習プログラム研究委員会、SDGsポイント研究所@ジャパン、積才房(同)、WHITEBOX
後援:品川区

お申し込みページはこちら

SDGsポイント研究所@ジャパンが2019年度のフレンズ募集開始!

SDGsポイント研究所@ジャパンが2019年度の「フレンズ」を募集開始ました。

「フレンズ」制度は年会費無料です。SDGsポイント研究所@ジャパンが仕掛けるイベント等のお知らせを受け取る事ができます。

日本ではSDGsの認知度は教育機関がリードしています。SDGs活動を積極的に行なっている組織からSDGsに興味を持ち始めた組織など、あらゆる組織を支援します。

SDGsポイント研究所@ジャパンでは、SDGs活動をしている教育機関と企業、地域、自治体等を繋ぐ活動を行なっています。

少しでもSDGs貢献活動に興味を持っている先生方や学校にぜひ参加して欲しいと思います。

お申し込みは以下からお願いします。

    SDGs Point Labo@Japan

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    所属(学校名、企業。地域住民等)

    肩書き(教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等、学生、役職、部署)

    問い合わせ分類(メンバー等)

    題名
    SDGs Point Labo@Japan

    メッセージ本文

    プライバシーポリシーの承認