Rubric」カテゴリーアーカイブ

品川区立冨士見台中学向け、SDGsカリキュラム構築プロジェクト

品川区教育委員会からのご紹介で、2019年秋から品川区立冨士見台中学の校長先生を始めとるする先生方と、2020年4月スタートに向けてのSDGSカリキュラム構築プロジェクトを動かしています。

品川区では特殊なカリキュラム市民科があります。また、コミュニティスクールも積極的に進めている状況で、地域との結びつき、企業との連携が取りやすくなっているとも言えます。

そこで、SDGsをテーマとしたプロジェクトを子供達自らが企画・運営できる、プロジェクト・ベースド・ラーニングの手法をマスターしてもらえるようなカリキュラムを提案しています。

まずは、ルーブリックですが、市民科の中である程度のものが出来上がっていたので、それを応用して使いやすいように6段階にして提案してみました。

クリックするとpdfで全編がご覧いただけます。

次に年間グランドデザインとカリキュラム案です。

まだまだ叩き台で、これから先生方と相談しながら、現場で使えるカリキュラムに発展できたらと願っています。

公立の中学で45時間SDGsの学習をしてくる生徒達が育つわけです。高校や、大学のカリキュラムにも影響を与える活動になりそうです。

大田区立矢口中学のSDGs授業用のルーブリックを開発

2019年11月2日、大田区の公立中学の矢口中学で実施するSDGs授業用のルーブリックを先生方と協力して開発しました。

全6回の授業とプラスアルファーの活動で、学習者がPBLをどのように体験して、どんな才能を伸ばすことができたのかを検証してみたいと思います。

品川経済新聞で「L-TanQ」が記事になりました!

SDGsと地域ポイントをあわせたシステム「L-TanQ(エルタンキュー)」の導入を進めているという視点で、「L-TanQ」を活用したSDGs普及活動が取材を受けました。日野学園での地域の中学生へのワークショップなどの提供が写真入りで紹介されています。

記事はこちらです。

この夏、学校の先生方のご要望で「学習コーチ研修」e-Learning版を再開します!

2000年に学習コーチを育成し始めて、18年が経ちました。
この夏、学校の先生方のご要望もあり、「01学習コーチ」研修を再開します。

ICT, Education & Active Web Solutionのテーマを掲げて活動してきた(有)ラウンドテーブルコムでは学校現場の方々と様々なプロジェクトをご一緒してきました。

最先端のICT技術を学校現場に導入する意味とは何か、その先には何が見えるのかを突き詰めた結果、昨今の塾業界が個別指導を始める前に、ICTを活用した究極の個別指導のあり方としての学習コーチの必要性を痛感しています。

その学習コーチにはどのような資質が必要なのか、どのようなアプローチ方法を身につけなければならないのか、どのような学習環境が必要なのか、様々な方々と協業しながら明らかにしてきた方法論を惜しむなく情報共有させていただきたいと思います。

学習コーチには教員以外でもどなたでも挑戦できます。「01学習コーチ」では学習修了書(Certificate)も提供します。これまで小学生、中学生、高校生、大学生等に学習コーチングの環境を提供してきました。そうした児童、生徒、学生達をサポートしようとしている、あらゆる人、親御さん、教員、学校スタッフ、家庭教師の方々、主婦(夫)の皆さんに、幅広く学習の機会を提供できるプラットフォームになっています。学習コーチを体験するとビジネスコーチとは一味違うコーチングも体験でき、コーチとしての資質を伸ばすきっかけともなることでしょう。

多くの方々にご参加いただけますと幸いです。

西条高校でプロジェクトマネジメントワークショップを開催しました 〜地域通貨を使った「社会課題解決」学習サポート第2弾 二日目〜

愛媛県の教育委員会を通じて弊社がコーディネートした、県立高校と東京の企業による協働プロジェクトのワークショップ第2弾、プロジェクトマネジメントの手法を高校生に体験しながら学んでもらうワークショップ、二日目も弊社CEOで関東学院大学講師である柳沢富夫が提供しました。

8月26日、西条高校では、株式会社アイネス総合研究所と協働でWebアプリ上での地域通貨取引を組み込んだ地域活性化プロジェクトに参加する希望者8名の生徒が、4時間にわたり、ワークショップを体験しました。今回も、まずは自己分析をして、自分の特徴をどうプロジェクトに活かしていけるか学んだ後、これからこのチームで仮想通貨を使ってどう地域の発展に寄与できるかという議論を重ねながら、全てのプロジェクト書類の土台となっていくプロジェクト憲章を完成に近づけていきました。そして、WBS(作業分割構成表)やガントチャート(作業工程表)などこれから作成すべきプロジェクト書類についても学びました。

このチームでは、モノやサービスの対価としての地域ポイントを回すことで信用を創出し、地域を元気にするための戦略を活発に討議していました。 生徒たちはこれから、地元の商店などのご協力のもと、実際に地域ポイントを使った地域活性化のプロジェクトに取り組みますが、さっそくこの日から、弊社が運営する「i-create:クリエータを育成する学習環境SNS」と学習記録アプリ「i-TanQ」を通じて提供されるプロジェクト活動の遠隔支援を受けながら、本格的な産学連携のプロジェクトベースドラーニング(PBL)環境をフル活用しています!

松山商業高校でプロジェクトマネジメントワークショップを開催しました 〜地域通貨を使った「社会課題解決」学習サポート第2弾 一日目〜

愛媛県の教育委員会を通じて弊社がコーディネートした、県立高校と東京の企業による協働プロジェクトのワークショップ第2弾です!

株式会社アイネス総合研究所では、愛媛県立松山商業高等学校 地域ビジネス科(今年度新設の地学地就の人材育成を目的とする学科)、愛媛県立西条高等学校 商業科の生徒と一緒に、生徒が行う地域活性化の活動の一部にWebアプリ上での地域通貨取引を組み込み、地域コミュニティ強化の検証と、その流通を安心・安全に支える技術としてブロックチェーン技術の有用性を検証する実証実験を行います。

その前段として、7月上旬、高校生を対象に地域通貨に関するワークショップを行いましたが、今回は第2弾として、実際にプロジェクトを行うにあたってのプロジェクトの進め方等、プロジェクトマネジメントの手法を高校生に体験しながら学んでもらうワークショップを、弊社CEOで関東学院大学講師である柳沢富夫が提供しました。

8月23日、松山商業高校では一年生24名が、4時間にわたり、まずは自己分析をして、自分の特徴をどうプロジェクトに活かしていけるか学んだ後、各班にてあらかじめ考えていた、仮想通貨を使ってどう地域の発展に寄与できるかというプロジェクトの発表、そして全てのプロジェクト書類の土台となっていくプロジェクト憲章をまとめあげ、WBS(作業分割構成表)やガントチャート(作業工程表)などこれから作成すべきプロジェクト書類について学びました。

生徒たちは、SNSを使った発信や、街のおすすめ地図を作成、ゴミを持ち帰ってそれをポイントで貯めるなど、活発な意見を取り交わしていました。

生徒たちはこれから、地元の商店などのご協力のもと、実際に地域ポイントを使った地域活性化のプロジェクトに取り組みますが、期間中ずっと、弊社が運営する「i-create:クリエータを育成する学習環境SNS」と学習記録アプリ「i-TanQ」でプロジェクト活動を遠隔支援することにより、本格的な産学連携のプロジェクトベースドラーニング(PBL)環境を提供してまいります。

この日のワークショップの様子は、愛媛CATVで放映されました!

愛媛CATV:たうんニュース2017年8月「プロジェクトマネジメントワークショップ」

地域通貨を使った「社会課題解決」学習をサポートしています

愛媛県の教育委員会を通じて県立高校と、東京の企業を、弊社がコーディネートしました!

地域通貨で地方創生。高校生が専門家のアドバイスを受けながら社会課題の解決に取り組むプロジェクトです。本格的な産学連携のプロジェクトベースドラーニング(PBL)環境を弊社が提供します。

第一弾として、7月8日(土)と9(日)の二日にわたり、愛媛県の松山市と西条市で、高校生を対象とした地域通貨体験のワークショップが実施されました。

ビットコインをはじめとする仮想電子通貨の流通が広がり、その流通を支える要素技術である「ブロックチェーン技術」の、他分野での応用展開に期待が集まっています。

一方、法定通貨に変わる地域通貨の効果や可能性が、地方創生を助けるツールになるのでは?と、見直されてきています。

株式会社アイネス総合研究所では新しい社会課題ソリューションの仮説を実証する実験を行います。愛媛県立松山商業高等学校の地域ビジネス科(今年度新設の地学地就の人材育成を目的とする学科)、愛媛県立西条高等学校の商業科・国際文理科の生徒と一緒に、生徒が行う地域活性化の活動の一部に、Webアプリ上での地域ポイント取引を組み込み、地域コミュニティ強化と、その流通を安心・安全に支える技術としてブロックチェーン技術の有用性を検証します。

今回のワークショップはその前段として、慶應義塾大学SFC研究所上席所員の斉藤賢爾博士を招き、高校生に地域通貨を体験しながら学んでもらうのが目的。

松山商業では70名、西条では16名の高校生が、プロジェクト全体の導入説明も含めて3時間半、日本円による経済を体験するゲーム、地域通貨を交えた経済を体験するゲーム、その両方を体験してみてのふりかえり、そして最後に「お金ってなんだ?」のレクチャーを受け、たくさんの気づきがありました。

生徒たちはこれから、地元の商店街のご協力のもと、実際に地域ポイントを使った地域活性化のプロジェクトに取り組みます。

ワークショップの第二弾として、7〜8月には高校生にプロジェクトマネジメントの手法を体験しながら学んでもらうワークショップを、弊社代表取締役の柳沢富夫が提供します。そして、その後は弊社の運営する「i-create:クリエータを育成する学習環境SNS」と学習記録アプリ「i-TanQ」でプロジェクト活動を遠隔支援します。

このような教育プロジェクトを全国各地で展開できるよう、ご提案してまいります。

ワークショップ初日の様子は愛媛テレビ(フジテレビ系列局)、愛媛CATVでそれぞれ放映されました。

愛媛CATV:たうんニュース2017年7月「地域通貨体験ワークショップ」

第1期国際的学習プログラム研究委員会委員

任期:2016/2/1〜3/31

委員長 柳沢富夫 (有)ラウンドテーブルコム、関東学院大学、東京女子大学、NPO法人プロジェクトマネジメント・インキュベーション協会
委員 伊藤豊 聖学院中学高等学校
委員 上村光治 防災科学技術研究所
委員 木村京子 東京インターハイスクール
委員 シャミ・ダッタ 関西学院千里国際中学高等学校
委員 高橋一也 工学院中学高等学校
監事 伊東緑 NPO法人プロジェクトマネジメント・インキュベーション協会