SDGs Point Labo Shinagawa」カテゴリーアーカイブ

L-TanQを活用した実証実験を戸越銀座商店街で実施

SDGsアクティブ・ローカル・ポイント・システム「L-TanQ」を活用して、学習者が主体となったSDGs活動と商品販売体験を通じて、その活動を可視化することに成功。

令和3年度の立正大学研究推進・地域連携センター支援費による産学連携、異分野融合型共同研究の一環として、戸越銀座商店街を舞台とした、学習者による社会貢献活動を可視化した。立正大学、慶應義塾大学、明峰館高校の学習者に協力していただき、SDGs未来都市でもある岩手県岩手町の商品を東京の商店街で販売しながら、SDGsでまちづくりをするにはどんな事が自分たちでできるのかを考える時間を共有した。

品川と岩手町を繋ぐSDGsプロジェクトを戸越銀座商店街で開催!

2021年12月4日(土)、令和3年度の立正大学研究推進・地域連携センター支援費による産学連携、異分野融合型共同研究として、最後のステップ企画。

SDGsを通じて、子供達に地域と繋がった活動の場を提供した。

立正大学の学生、慶應義塾大学の学生、通信制高校明蓬館高校の高校生に参画してもらい、冨士見台中学の生徒のポスターをデジタルサイネージで戸越銀座商店街の3か所で配信しながら、SDGs未来都市の岩手町の地域商品を東京の消費者にPRしながら、商品販売という形で地域経済に貢献する、しかもSDGsアクティブローカルポイントで記録を残す、そんなプロジェクトが企画できた。

詳細はプロジェクト専用ホームページで。

品川区立冨士見台中学の市民科公開授業を支援

2021年11月20日(土)品川区立冨士見台中学校において開催された、品川区独特の科目「市民科」の公開授業を支援した。

3回にわたって弊社から提供したSDGsのワークショップを経て、子供達がポスターセッションという形でアウトプットを行った。

オンラインでの配信もお手伝いし、SDGs未来都市の岩手県岩手町とのセッションや、シナネンホールディングス株式会社のご協力もいただき、オンラインとリアルの混合公開授業は賑やかなものになった。

詳細はプロジェクトの専用ページで。

プロジェクトマネジメント体験講座@公立中学

2021年10月12日(月)品川区立富士見台中学にて、SDGsワークショップの一環として、プロジェクトマネジメント体験講座を提供。

令和3年度立正大学研究推進・地域連携センター支援費を活用して異分野融合型共同研究として、産学連携チームで実施した。

中学生がプロジェクトを企画立案して、プロジェクトマネジメントの書類を作成、レゴでモデルを作成してみえる化する一連のワークショップを体験。

詳細はこちらで。

品川区冨士見台中学のSDGsワークショップでの実証実験

令和3年度の立正大学研究推進・地域連携センター支援費を活用して、品川区の公立中学において、SDGsの地域活動に都会の中学生がどの様に関わっていくか、またワークショップを通じてどの様なデータが蓄積分析できるかを、異分野融合型共同研究として開始します。

Project A:品川区立冨士見台中学校

品川区独自の教科として内外から注目される「市民科」の先生との打ち合わせが進んでいます。

以下の日程で実施予定です。

Day 12021/10/4プロジェクト憲章をつくろう(SDGsでまちづくり)
Day 22021/10/11プロジェクトマネジメントを体験しよう(まちをレゴで表現)
Day 32021/10/18地域通貨×SDGsを体験しよう
Day 42021/11/20市民科授業公開講座
Day 52021/12/4戸越銀座商店街SDGsイベント

イベント開催報告「共に創ろう 持続可能な社会 第3弾〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜」

2021年2月27日(土)オンライン会議システム Zoomを活用して、地域の団体、企業、教育機関、その他の方々と共にプロジェクトを創出するイベントを開催しました。共同主催:立正大学、(有)ラウンドテーブルコム、後援:品川区。

テーマは「共に創ろう 持続可能な社会 第3弾〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜」。国連の設定したSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、コミュニティの役割は大きいです。SDGsストーリーの共有で「まち・ひと・しごと」活性化アクションを起こしましょう!!というイベントでした。新型コロナウイルスの感染予防のため、初めてのオンライン開催となりましたが、参加者・登壇者・スタッフ合わせて66名が参加しました。

立正大学から今回は3度目となる小澤康司教授(心理学部)に加え、後藤真太郎教授(地球環境科学部)にもお手伝いいただき、地域のサポーターとして、子どもゆめ食堂「だんらん」とごゑの会(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa、そしてSDGsに取り組む企業として、シナネンホールディングス(株)東洋製罐グループホールディングス(株)大日本印刷(株)(株)近畿日本ツーリスト首都圏の皆様にご登壇いただくことができました。

まずは立正大学 心理学部 小澤康司教授から、『新型コロナとSDGs』のテーマで問題提起いただきました。

続いて、立正大学 地域環境科学部の後藤真太郎教授から、『戸越公園を中心に地域・企業と連携するSDGs教育の取り組み』についてご講演いただくとともに、後半のワークショップで使う、評判の高いオンラインホワイトボード「miro」も実演いただきました。

その後、今回のメインパート、企業・団体のSDGsプロジェクト紹介〜ストーリーの共有〜トップバッターのシナネンホールディングス(株)経営企画部 広報IRチーム 吉田 明子 様から、「脱炭素社会」を見据えたシナネンHDグループの取り組みを共有いただきました。

子どもゆめ食堂「だんらん」宮木 丸美 様から、子ども食堂の現状と求められる支援について。

とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa 杉本 将輝 様からは、地域とともにSDGs「戸越界隈のくらしをゆたかに」をミッションとする「とごゑの会」活動紹介と、「モノプロしながわ」からGIGAスクールに関する提言をいただきました。

10分の休憩を挟み、ストーリー共有の後半は、このイベントへのご登壇は皆勤賞となりました東洋製罐グループホールディングス(株)イノベーション推進室リーダー 三木 逸平 様から、最新情報を共有いただきました。

続いて、大日本印刷(株)出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 伊藤 紗知代 様から、絵本コンテンツを活用したオンラインPBL(プロジェクトベースドラーニング)の活動についてお話しいただきました。

(株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当 金井 隆行 様からは、リモート修学旅行でSDGsの学びを、というお話をいただきました。

この後、参加型ディスカッションの時間に移り、登壇者&参加者の皆様で、オンライン上のホワイトボードと付箋を使い、SDGsのコミュニティづくりについて共に考えるワークショップを行いました。

最後に、弊社(有)ラウンドテーブルコム 代表取締役 柳沢富夫より、提言「SDGsアクティブローカルポイント活用で、SDGsアクションの見える化を!」ということでまとめを行い、3時間に渡った熱いイベントが幕を閉じました。

(有)ラウンドテーブルコムでは、教育現場と地域、企業、自治体を繋ぎ、「知る」「考える」「行動する」の3ステップを子どもたちが自ら体験できる環境としての地域づくりを目指しています。今後も全国でこのようなSDGs好循環を生み出す活動をして行きたいと願っています。

江戸川区立松江第二中学でSDGsの導入授業実施

江戸川区立松江第二中学では10月の校外学習に向けて、SDGsをテーマとした授業に挑戦し始めました!

1回目は先生方からSDGsに関する概略の解説授業。2回目はSDGsすごろくを使っての学びでした。

そして今回は3回目。有限会社ラウンドテーブルコムから講師2名が出張して「なぜ今SDGs?」という子ども達の真摯な疑問に答え、自分事に落とし込めるような情報を提供してきました。
「日本の国とSDGs」「日本の企業とSDGs」「日本の地域とSDGs」「日本の学校とSDGs」「自分とSDGs」をいうテーマで事例を紹介しました。
さらに、最後には各自が2030年までにできる可能性のあるプロジェクトについての宣言文を記入してもらいました。今回の一連の授業が始まる前の時点での生徒たちの状態をルーブリック表に記入し、すべての学習を終えた時点で再度記入して分析してみるというルーブリック活用への挑戦も行います。

授業は1年生の3クラスで順繰りに同内容で行いました。

どのクラスでも生徒たちは興味津々で事例を参考にしながら自分たちのプロジェクトを考える姿が見られました。特に、ドイツのベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)が各国のSDGs達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2020年版、日本のページへの反響は大きかったです。参考資料として配布した三井住友フィナンシャル・グループの「Junior SAFE Vol.4」や朝日新聞社のSDGs冊子最新版も参考になっているようでした。

これからの授業で、どのような才能が伸ばせるか、最後まで楽しみです!

自宅学習でSDGs!

(有)ラウンドテーブルコムでは、1995年から、インターネットを活用した学習環境を追求して来ました。

学校が臨時休校になってしまった学習者に提案です。

自宅からもアクセスできるe-Learning環境で、今教育界でも話題になっているSDGsを学んでみませんか?「持続可能な開発のための2030アジェンダ」も読み込めるどなたでもアクセスできるサイト「SDGs Supporter」には(有)ラウンドテーブルコムと朝日新聞社が作成したドリル問題に挑戦するための準備学習のコースもご用意しています。

SDGs Worksheets for your Classでは、(有)ラウンドテーブルコムと(株)野村総合研究所 が開発した、SDGsプロジェクトを計画している学習者向けのワークシートが用意されています。

STI for SDGs @ Gotanda-Valleyでは、品川五反田大崎ちくに集積しつつある、イノベーションを起こすベンチャー企業がどのような姿勢で社会科課題に取り組んでいるかを取材した記事なども掲載されています。

是非、この機会をSDGs学習のチャンスと考えて、一緒に学習してみませんか?

多くの人の参加を期待しています。

品川区立冨士見台中学向け、SDGsカリキュラム構築プロジェクト

品川区教育委員会からのご紹介で、2019年秋から品川区立冨士見台中学の校長先生を始めとるする先生方と、2020年4月スタートに向けてのSDGSカリキュラム構築プロジェクトを動かしています。

品川区では特殊なカリキュラム市民科があります。また、コミュニティスクールも積極的に進めている状況で、地域との結びつき、企業との連携が取りやすくなっているとも言えます。

そこで、SDGsをテーマとしたプロジェクトを子供達自らが企画・運営できる、プロジェクト・ベースド・ラーニングの手法をマスターしてもらえるようなカリキュラムを提案しています。

まずは、ルーブリックですが、市民科の中である程度のものが出来上がっていたので、それを応用して使いやすいように6段階にして提案してみました。

クリックするとpdfで全編がご覧いただけます。

次に年間グランドデザインとカリキュラム案です。

まだまだ叩き台で、これから先生方と相談しながら、現場で使えるカリキュラムに発展できたらと願っています。

公立の中学で45時間SDGsの学習をしてくる生徒達が育つわけです。高校や、大学のカリキュラムにも影響を与える活動になりそうです。

共に創ろう持続可能な社会第二弾

    2020年2月16日(日)開催
    共に創ろう持続可能な社会第二弾〜STI for SDGs @ Gotanda Valley〜

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    所属(学校名、企業。地域住民等)

    肩書き(教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等、学生、役職、部署)

    題名
    共に創ろう持続可能な社会

    メッセージ本文

    ご紹介団体、認知ルート