News」カテゴリーアーカイブ

生命保険協会のアニメーション「生命保子の未来の授業」を使って中学生向け授業を展開します!

有限会社ラウンドテーブルコムでは、リスクに対する保険の仕組みを楽しみながら学べる生命保険協会のアニメーション「生命保子の未来の授業」を活用し、探求、ディスカッション、発表を含むグループワークを中心とした中学生向け授業を展開しています。

アニメーションおよび本件詳細は、下記でご覧ください!

▼YouTube:  

短編告知動画:https://youtu.be/ceFvDukaYhQ  

第1章「未来はなにが起こるか分からない」:
https://youtu.be/JDcL_Iaz6BU  

第2章「ゲームで学ぶリスクと備え」:
https://youtu.be/5BDFvqOcDaw  

第3章「リスクに備える安心の仕組み」:
https://youtu.be/Ib3oX78AqyU  

第4章「未来の備えと支え合う社会」:
https://youtu.be/oK_atwgj9qA

▼特設ページ(制作:株式会社DNPメディア・アート)

生命保子の未来の授業│一般社団法人 生命保険協会 (seiho.or.jp)

▼リリース

アニメーション「生命保子の未来の授業」の公開について~生命保険協会YouTubeチャンネルにて配信~ | 2021 | ニュースリリース | 生命保険協会 (seiho.or.jp)

共に創ろう持続可能な社会:SDGsのプロジェクトを支援するイベント4年連続開催!

2018年度から立正大学と共に品川区からのSDGs情報発信イベントを開催して来ました。今年は第四回目を迎えます。今回の副題は「ボトムアップで変革を!」。未来を支える子どもたちと共に、教育機関にも協力してもらいながら、地域から地球を救うプロジェクトに発展させる試みにフォーカスしています。

今年度は、SDGs未来都市となった岩手県岩手郡岩手町でのボトムアップ型SDGsプロジェクト支援活動を前期に、後期は品川区の冨士見台中学と戸越銀座商店街を舞台に中学生、高校生、大学生の参加を促しながらの支援活動を展開。

立正大学とは共同研究として、研究推進・地域連携センターと組んで、プロジェクトの可視化(データ分析)も含めた活動に発展しました。

残念ながら完全オンラインでの開催になりますが、一人でも多くの方々にご参加いただけると幸いです。

お申し込みはこちらから。

冨士見台中学ルーブリック結果

2021年度に提供したSDGsワークショップを体験した、冨士見台中学の生徒たちのルーブリック結果です。

探求力(立案力、独創力、分析力、考察力、表現力、未来想像力、率先力)について調査しました。

全ての項目で子供たちはレベルが上がったと自信を持ってくれた様です。

詳細はプロジェクトの専用ページで。

L-TanQを活用した実証実験を戸越銀座商店街で実施

SDGsアクティブ・ローカル・ポイント・システム「L-TanQ」を活用して、学習者が主体となったSDGs活動と商品販売体験を通じて、その活動を可視化することに成功。

令和3年度の立正大学研究推進・地域連携センター支援費による産学連携、異分野融合型共同研究の一環として、戸越銀座商店街を舞台とした、学習者による社会貢献活動を可視化した。立正大学、慶應義塾大学、明峰館高校の学習者に協力していただき、SDGs未来都市でもある岩手県岩手町の商品を東京の商店街で販売しながら、SDGsでまちづくりをするにはどんな事が自分たちでできるのかを考える時間を共有した。

品川と岩手町を繋ぐSDGsプロジェクトを戸越銀座商店街で開催!

2021年12月4日(土)、令和3年度の立正大学研究推進・地域連携センター支援費による産学連携、異分野融合型共同研究として、最後のステップ企画。

SDGsを通じて、子供達に地域と繋がった活動の場を提供した。

立正大学の学生、慶應義塾大学の学生、通信制高校明蓬館高校の高校生に参画してもらい、冨士見台中学の生徒のポスターをデジタルサイネージで戸越銀座商店街の3か所で配信しながら、SDGs未来都市の岩手町の地域商品を東京の消費者にPRしながら、商品販売という形で地域経済に貢献する、しかもSDGsアクティブローカルポイントで記録を残す、そんなプロジェクトが企画できた。

詳細はプロジェクト専用ホームページで。

品川区立冨士見台中学の市民科公開授業を支援

2021年11月20日(土)品川区立冨士見台中学校において開催された、品川区独特の科目「市民科」の公開授業を支援した。

3回にわたって弊社から提供したSDGsのワークショップを経て、子供達がポスターセッションという形でアウトプットを行った。

オンラインでの配信もお手伝いし、SDGs未来都市の岩手県岩手町とのセッションや、シナネンホールディングス株式会社のご協力もいただき、オンラインとリアルの混合公開授業は賑やかなものになった。

詳細はプロジェクトの専用ページで。

SDGsアクティブローカルポイントシステムを活用したまちづくり体験@公立中学

2021年10月18日(月)SDGsワークショップの一環で、品川区立富士見台中学で、SDGsアクティブ・ローカル・ポイントシステムを疑似利用する機会を提供した。

SDGsに貢献できる製品やサービスを考えて、中学生同士で、どの様にポイント交換しながら、まちづくりに貢献できるかを体験してもらった。

このプロジェクトは令和3年度立正大学研究推進・地域連携センター支援費を活用して産学連携の異分野融合型共同研究として提供。

詳細はこちら。

プロジェクトマネジメント体験講座@公立中学

2021年10月12日(月)品川区立富士見台中学にて、SDGsワークショップの一環として、プロジェクトマネジメント体験講座を提供。

令和3年度立正大学研究推進・地域連携センター支援費を活用して異分野融合型共同研究として、産学連携チームで実施した。

中学生がプロジェクトを企画立案して、プロジェクトマネジメントの書類を作成、レゴでモデルを作成してみえる化する一連のワークショップを体験。

詳細はこちらで。

SDGsでまちづくり@冨士見台中学

品川区の公立中学、冨士見台中学において、SDGs-PBL〜Day1 プロジェクト憲章をつくろう(SDGsでまちづくり)〜を開催!

令和3年度立正大学研究推進・地域連携センター支援費を活用しての異分野融合型共同研究。プロジェクトA。

2021年10月4日(月)品川区立冨士見台中学校にて9年生(中3)の生徒たちに第1回ワークショップを受けていただきました。東京都の緊急事態宣言も解除されて現地開催となりましたが、グループディスカッションでは各クラスをさらに2教室ずつに分けるなど、万全の配慮をして実施いたしました。

詳細は以下のページをご覧ください。

品川区冨士見台中学のSDGsワークショップでの実証実験

令和3年度の立正大学研究推進・地域連携センター支援費を活用して、品川区の公立中学において、SDGsの地域活動に都会の中学生がどの様に関わっていくか、またワークショップを通じてどの様なデータが蓄積分析できるかを、異分野融合型共同研究として開始します。

Project A:品川区立冨士見台中学校

品川区独自の教科として内外から注目される「市民科」の先生との打ち合わせが進んでいます。

以下の日程で実施予定です。

Day 12021/10/4プロジェクト憲章をつくろう(SDGsでまちづくり)
Day 22021/10/11プロジェクトマネジメントを体験しよう(まちをレゴで表現)
Day 32021/10/18地域通貨×SDGsを体験しよう
Day 42021/11/20市民科授業公開講座
Day 52021/12/4戸越銀座商店街SDGsイベント