Tokyo Learning Centre」カテゴリーアーカイブ

全国のエネルギー会社様にSDGsワークショップを届けます!

株式会社NGK (日本元気化計画)様よりご依頼をいただき、2021年3月12日(金)の午後、弊社CEOの柳沢富夫が3時間のSDGsオンラインワークショップを提供いたしました。

水素エネルギー蓄電池としてのアンモニアビジネスなども注目されている昨今のエネルギー産業。「株式資本主義からステークホルダー資本主義へ」収益と社会貢献の両立が求められるSDGs時代の企業経営に高い関心をお持ちの、地域エネルギー会社の経営部門の方々にご参加いただきました。オンラインということで、青森、盛岡、石巻、釜石、筑紫と、多様な地域から参加した皆様の課題をお聞きして、共に考えることができた貴重な時間でした。

はじめに先進事例として、越後天然ガス株式会社様のサステナビリティの取り組みを、弊社が先日取材したインタビュー記事を中心に話題提供、その後、ワークショップに入りました。

ワークショップでは、国が奨励するエコマネー活用型循環共生モデルを念頭に置きながら、まずSDGsと自社の関係を整理した後、SDGsを使って自社ができる地域循環型の新規事業のイメージを、参加者どうしでチームを組んで新規ビジネスを立ち上げるという想定でディスカッションしました。

地域エネルギー会社は地域に根付いた企業であることが強み。地域と連携し、そこから輪をさらに広げていくことで、企業も地域もサステナブルにしていくという方向性では一致団結しました。最後には、「未来を担うこどもたちを支援するプロジェクト」という言葉がエネルギー会社の方から自然に出てきたのは、喜ばしい成果でした。

弊社は、企業が地域の住民やこどもたちと共に進める「ボトムアップ型SDGs教育」を支援します。今回をスタートに、全国のエネルギー会社様にSDGsワークショップを届けていきます!

「旅するPBL探究テキスト」を執筆しました!

近畿日本ツーリスト様と、学校行事である修学旅行において学習効果を引き出す学習教材「旅するPBL探究テキスト」を開発し、弊社CEOの柳沢富夫が執筆しました!

修学旅行は学びの集大成です。貴重な学習の場として「旅」をプロジェクトとして捉え、『旅先で本物に触れ、旅を楽しみながら主体的に深く学ぶ。旅行後にその成果として自分の言葉でプレゼンテーションに挑む。』というように、アクティブラーニングの実践によって子供たちの能力の育成に役立つことを期待しています。
また、テキストの売上の一部は、国連UNHCR協会への寄付を通じて世界の難民の子供たちのために役立っています。
*PBL:「Problem-based Learning」の略で、問題(課題)解決型学習のことをいいます。

https://www.kntcthd.co.jp/csr/sdgs/sdgs.html

越後天然ガス様のSDGs取り組みについて社長インタビューを掲載しました!

「2050年に向けた地方ガス事業者のサステナブルな経営」の概念をいち早く事業やまちづくりに取り入れ、地域と密接に関わりながらサステナビリティ活動に取り組んでいるのが、新潟県新潟市秋葉区に本社を置き、新潟市秋葉区、新潟市江南区、五泉市に都市ガスを供給している越後天然ガス株式会社です。

今回ラウンドテーブルコムでは、株式会社NGK(日本元気化計画)のご協力により、越後天然ガスが実現する「えちてんサスティナブルビジョン 2050」達成のための取り組みについて、越後天然ガス株式会社代表取締役社長 小出薫さんにインタビューすることができました。

先を見据えた戦略で、利益を上げながら環境とコミュニティづくりも推進していく、越後天然ガスの地域密着型の取り組みを、下記のリンクからお読みいただけます!

地域と共に前進する。越後天然ガスの、みんなを “Win” にするサステナブル経営戦略

ラウンドテーブルコムでは、SDGsに取り組む素敵な企業へのインタビューを今後も随時実施してまいりますので、お楽しみに!

NRI未来創発センターのYouTubeチャンネルにゲスト出演!

弊社より、CEOの柳沢と、サステナビリティ推進室の木村が、NRI未来創発センターのYouTubeチャンネルにゲスト出演させていただきました。

NRI未来創発センターでは、コロナ危機を乗り越え「レジリエントなニューノーマル」に向けて~新型コロナウイルス三位一体ショックから再興への処方箋(1)-(5)の実践~と題して、内外で活躍する有志がリモートで毎週議論を繰り広げ、5月〜10月に緊急提言を発表しましたが、今回は各分野の再興・共創に向け、10月〜11月にリアルで行われた議論をSDGs NAVIの「ガマ兄」のMCによる動画にまとめ、YouTubeで発信されました。

弊社が出演した、第4回:ボトムアップ型「学び方・働き方」の構築は、こちらです。

共に創ろう持続可能な社会 〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜

オンラインイベントのお知らせです。

品川区でSDGs、第3弾です!

国連の設定したSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、コミュニティの役割は大きいです。SDGsストーリーの共有で「まち・ひと・しごと」活性化アクションを起こしましょう!

日時:2021年2月27日(土)
   午後1時〜4時(開始10分前より入室可)

参加方法:Zoom
     ※お申込みいただいた方にメールでURLを通知します。

定員:80名(申込先着順・参加費無料)

内容:

  1. 基調スピーチ
    • 『新型コロナとSDGs』(立正大学 心理学部 小澤 康司 教授)
    • 『戸越公園を中心に地域・企業と連携するSDGs教育の取り組み』(立正大学 地球環境科学部 後藤 真太郎 教授)
  2. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第1部
    • シナネンホールディングス(株) 経営企画部 広報IRチーム 吉田 明子
    • 子どもゆめ食堂「だんらん」 宮木 丸美
    • とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa 杉本 将輝
  3. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第2部
    • 東洋製罐グループホールディングス(株) イノベーション推進室リーダー 三木 逸平
    • 大日本印刷(株) 出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 伊藤 紗知代
    • (株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当 金井 隆行
  4. 参加型ディスカッション 〜コミュニティづくり〜
    • 登壇者&参加者の皆様で、オンライン上のホワイトボードと付箋を使って共に考える
  5. 提言『SDGsアクティブローカルポイント活用で、SDGsアクションの見える化を!』(ラウンドテーブルコム 柳沢富夫)

主催:立正大学、(有)ラウンドテーブルコム
協力:(一社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、シナネンホールディングス(株)、子どもゆめ食堂「だんらん」、とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa、東洋製罐グループホールディングス(株)、大日本印刷(株)、(株)近畿日本ツーリスト首都圏、国際的学習プログラム研究委員会、SDGsポイント研究所@ジャパン、積才房(同)、WHITEBOX
後援:品川区

お申し込みページはこちら

BBCoach Project参加者募集中!

2003年度から続いているプロジェクト・ベースド・ラーニングを体験できるコンテスト、BBCoach Projectの第18回目が開催されいます。

最近では、SDGsの課題に挑戦するチームを応援する企業のサポートも増えてきています。

全国でプロジェクトを中心とした活動をしているジュニア・クリエーター達に是非参加して欲しいと思います。

サイエンスアゴラ2020「国際PBL with STI for SDGs」

今年度、オンライン開催となりました「サイエンスアゴラ2020」に出展しました。パネルディスカッション「国際PBL with STI for SDGs」がYouTubeにアップロードされましたので、ぜひ視聴ください。「ステラとカモメ」プロジェクトの紹介もしています。開始15分前から入っていますので飛ばしていただき、最後10分間はアンケートURLを流していますので、正味1時間20分になります。

探究forSDGsチャネルさんの取材を受けました!

教育をテーマにSDGsや探究について紹介してくださるYouTubeの探究forSDGsチャネルさんの取材を、有限会社ラウンドテーブルコムの柳沢CEOが受けました!

東五反田の素敵なスタジオで、大手旅行会社でSDGs推進担当の金井隆行さんとの対談で、

  1. 柳沢のプロフィール
  2. PBLとは何か?
  3. SDGsとポートフォリオの相性
  4. Afterコロナ時代の新しい学習スタイル

などについて盛り上がりました。

柳沢富夫(左)、金井隆行氏

探究forSDGsチャネル
今回の取材がアップロードされるのが待ち遠しいです!