PBL」カテゴリーアーカイブ

共に創ろう SDGsプロジェクト
 ~企業と学校で社会課題を解決!~

国連が採択した「持続可能な開発目標」(SDGs)に産業界・教育界から関心が高まっています。 SDGsプロジェクトを本気で起こしたい、教育現場と企業が集まって、連携を創出しましょう!

日時:2019年6月22日(土) 午後1時~4時(受付開始 12時30分)
会場:武蔵野大学附属 千代田高等学院 アカデミックリソースセンター(ARC)

東京都千代田区四番町11番地
定員:60名(申込先着順・資料代xx)
内容:

  1. 開会挨拶(武蔵野大学附属千代田高等学院 校長 荒木 貴之)
  2. 企業プレゼン(15分×2社)
  3. 教育現場と企業が連携するSDGsプロジェクト創出ワークショップ(90分)
  4. ネットワークプラットフォームとしてのSDGsアクティブローカルポイントシ ステム「L-TanQ」(有限会社ラウンドテーブルコム 代表取締役 柳沢 富夫)

主催:(有)ラウンドテーブルコム SDGsポイント研究所@ジャパン、国際的学習プログラム研究委員会
共催:武蔵野大学附属 千代田高等学院

2019年6月22日開催
共に創ろうSDGsプロジェクト

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

所属(学校名等)

肩書き(教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等)

題名
共に創ろうSDGsプロジェクト!

メッセージ本文

SDGs関連プロジェクトを実践している中学、高校を募集します。

企業と学校を繋ぐ活動をしているSDGsポイント研究所@ジャパンでは、SDGs関連プロジェクトを実践している、中学、高校のプロジェクトを支援していく予定です。

是非皆様の活動をこちらからエントリーして欲しいと思います。

興味のある企業等にお繋ぎ出来るよう支援していきます。

 支援企業 (有)ラウンドテーブルコム 積才房(合)

品川経済新聞で「L-TanQ」が記事になりました!

SDGsと地域ポイントをあわせたシステム「L-TanQ(エルタンキュー)」の導入を進めているという視点で、「L-TanQ」を活用したSDGs普及活動が取材を受けました。日野学園での地域の中学生へのワークショップなどの提供が写真入りで紹介されています。

記事はこちらです。

日野学園の中学1年生にSDGsワークショップを提供

(有)ラウンドテーブルコム SDGsポイント研究所では、教育現場と地域、企業、自治体を繋ぎ、「知る」「考える」「行動する」の3ステップを子供達が自ら体験できる環境としての地域づくりを目指して様々な活動を続けています。

日野学園でのワークショップ2回目です。2019年2月18日(月)の午後、五反田の日野学園を訪問して、SDGsのワークショップを提供してきました。前回は中学3年生むけでしたが、今回は中学1年生向けです。

中学3年生の時は、先生方に事前学習の時間を1コマ実施していただいた後、別の日に私たちが1コマ提供するという形をとりましたが、今回は2コマ続きの授業の中で、まずは先生方から基本的なSDGsの紹介をしていただき、次のステップとして1コマ目の途中から私達が参加というスタイルをとりました。

まずは先生から、国連広報センターの映像「プラスチックの海」と東京都の「ちょっと考えて、ぐっといい未来 エシカル消費」を紹介してもらいました。また、17の課題についてのお話があり、さらに、金沢工業大学SDGs推進室の製作したSDGsカードゲーム『THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」』を紹介してもらうことで、さらにSDGsについての知識を深めてもらいました。特にリソースについては先生どうしで、漫談形式で身近な例を紹介してもらい、全体の場を和ませてもらいました。

ここからはまた私たちの出番です。

私達はまず「SDGsの今」にフォーカスして、SDGs Indexを紹介しました。日本のSDGsの達成度や日本が得意としているところ、苦手としているところに注目してもらいました。

また『日経グローカル』No.355のデータを参照して、品川区が全国の自治体の中で、SDGs先進度がどのくらいかを紹介しました。

そしてSDGsと自分との関係をより身近なものとして感じとってもらう為に全国の学校現場でどんな活動が起きているのかを紹介しました。

今回は映像を見た後の生徒達の反応も見れましたし、17の課題やリソースの例なども身近な物と感じてもらえたので、リソース探しのアイデア出しも活発に行われました。

次のステップはチームごとで考える活動です。ここで前回の授業でも使った、カードのトレードオフカードのみを利用しました。アットランダムにカードを配布して、チーム内で集めたリソースアイデアと結びつけて、課題を解決する道筋を考えてもらいました。

最後に先生からの素晴らしい言葉がありました。この活動を発展させていって、アクションが中学生から起きることを想定したサポートをして行きたいという宣言でした。事前にグランドデザインを紹介していたことが生きてくれたのかと思います。ご協力いただいただ皆様本当にありがとうございました。

SDGs Chance!

国際的学習プログラム研究委員会

2019年度公開研究会のお知らせ

日時:2019年3月30日(土) 9:30受付開始 10:00 – 11:30

場所:慶應義塾大学 西校舎527番教室 〒108-8345 東京都港区三田2丁目15-45

内容予定:

  1. 10:00〜 開会の挨拶
  2. 10:05〜 グローバルな学びのネットワーク「CoderDojo」(品川御殿山の事例)
  3. 10:20〜 SDGs事始めとしての「AFPWAA Workshop
  4. 10:50〜 究極のPBLとしてのSDGs学習環境の提言(SDGsポイント研究所)
  5. 11:20〜 まとめ
  6. 終了 11:30

どなたでも無料で参加いただけますが、下記よりお申し込みが必要です。

2019年3月30日開催
SDGs Chance!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

所属(学校名等)

肩書き(教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等)

題名
SDGs Chance!

メッセージ本文

SDGsポイント研究所が品川区の中学でワークショップを提供

(有)ラウンドテーブルコム SDGsポイント研究所では、教育現場と地域、企業、自治体を繋ぎ、「知る」「考える」「行動する」の3ステップを子供達が自ら体験できる環境としての地域づくりを目指して様々な活動を続けています。

2019年2月8日(金)に品川区の公立中学の日野学園の中学3年生向けにワークショップを提供してきました。事前の校長先生との打ち合わせでは、高校生になってSDGsのアクションが取れる状態で生徒達を送り出したいというご希望を伺いました。

現場の先生方とも密に話し合い、時間的配分を検討して、実際には事前授業を一コマ先生方にお願いしました。国連広報センターの映像「プラスチックの海」と東京都の「ちょっと考えて、ぐっといい未来 エシカル消費」を見てもらいました。また金沢工業大学SDGs推進室の製作したSDGsカードゲーム『THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」』を使い、課題解決には様々なリソースを活用して考えることが必要ということを学んでもらいました。

私達はまず「SDGsの今」にフォーカスして、SDGs Indexを紹介しました。日本のSDGsの達成度や日本が得意としているところ、苦手としているところに注目してもらいました。

また『日経グローカル』No.355のデータを参照して、品川区が全国の自治体の中で、SDGs先進度がどのくらいかを紹介しました。

そしてSDGsと自分との関係をより身近なものとして感じとってもらう為に全国の学校現場でどんな活動が起きているのかを紹介しました。

またワークショップとしては、カードゲームから少し離れて、リソースを自分の身近なところから考えて掘り出してもらうことから始めました。模造紙の上に、各自が役立つリソースをなるべく沢山書き出してもらいました。チームでワイワイガヤガヤ話し合いながらのアイデア出しはとても活発な活動になりました。

次のステップはチームごとで考える活動です。ここで前回の授業でも使った、カードのトレードオフカードのみを利用しました。アットランダムにカードを配布して、チーム内で集めたリソースアイデアと結びつけて、課題を解決する道筋を考えてもらいました。

短い時間でしたが、先生方にも協力していただきながら、「考える」段階までの練習が出来たのではないでしょうか。

最後にアクションを起こす為の宣言文として、プロジェクト憲章のシートを渡して、宿題としました。是非この活動の経験を生かして、高校生になったら、「行動する」アクションに結びつけてもらえれば幸いです。

「ドリームジョブツアー in 五反田バレー」 ~「生き抜くために必要な力」を知る授業」~

未来協育推進機構と品川区立日野学園が開催する、中学生のキャリア教育事業「ドリームジョブツアー in 五反田バレー」に2018年12月1日(土)に参加します。

SDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」の普及活動の一環として、品川区の五反田地域の方々と協働させていただいています。

一般社団法人五反田バレー参加企業をはじめ、五反田エリア周辺のスタートアップ企業を中心とした24社が参加して、中学2年生約150名と「仕事について」熱い対話を行う事業になります。

■事業概要
【日時】2018年12月1日(土) 9:30~11:30
【会場】品川区立日野学園 体育館 (東京都品川区東五反田2-11-1 Tel:03-3441-3209)
【学生】品川区立日野学園8年生(中学2年生) 約150名
【講師】五反田周辺地域の多種多様な企業の経営者または社員の方を24社招聘
【主催】未来協育推進機構、品川区立日野学園
【後援】品川区、品川区教育委員会、一般社団法人五反田バレー

【本件に関するお問い合わせ先】
未来協育推進機構 事務局長:鶴井 正博
TEL:090-4431-5096
info@mirai-kyouiku.org
http://www.mirai-kyouiku.org/

共に創ろう持続可能な社会〜SDGsは世界につながるパスポート〜

公開イベントのお知らせです。

品川区をSDGsで染めます!

国連が採択した「持続可能な開発目標」(SDGs)に産業界・教育界から関心が高まっています。地域企業が住民と連携しながらSDGsにどう取り組んでいけばよいか、一緒に考えましょう!

日時:2019年2月16日(土)13時〜

場所:立正大学 4号館 1F 411教室
〒141-0032 東京都品川区大崎4-2-16
JR大崎駅、JR&都営浅草線五反田駅から 徒歩5分
(当日は正門のみ開門されています。正門よりご入場ください。)

内容:

  1. SDGsとは
  2. SDGs取組事例(企業プレゼンテーション)
  3. ワークショップ
  4. SDGsのこれから(SDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」の紹介)

参加費:無料

定員:先着70名を予定

2019年2月16日(土)開催
共に創ろう持続可能な社会〜SDGsは世界につながるパスポート〜

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

所属(学校名、企業。地域住民等)

肩書き(教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等、学生、役職、部署)

題名
共に創ろう持続可能な社会

メッセージ本文

ご紹介団体、認知ルート

主催:(有)ラウンドテーブルコム SDGsポイント研究所
共催:RisVo(立正大学ボランティアサークル)、(有)ラウンドテーブルコム 国際的学習プログラム研究委員会、未来協育推進機構、積才房(同)

 

開智日本橋学園で「SNS(LINE等)とのつきあい方」アクティブラーニング型ワークショップ

2018年10月31日(水)、開智日本橋学園におじゃまして、「SNS(LINE等)とのつきあい方」のテーマでアクティブラーニング型ワークショップをさせていただきました。 今回は、開智日本橋学園で中学生に理科を教える菊地原沙織先生が、弊社が横浜中華学院で毎年実施しているワークショップを学校にご紹介くださり、ぜひ開智日本橋学園でも同様のワークショップをとの要請をいただきました。開智日本橋学園の先生方は日頃から学校教育におけるICTの役割に関心を持っていらっしゃいますが、今回は特に中学1年の生徒の生活におけるSNS(LINE等)の重要性と危険性に注目、外部講師を招聘し、危険だからとむやみに禁止するのではなく、生徒自らが危険性を認識した上で対策を講じながら便利なツールを使いこなしていく道を見つけよう、というねらいでした。 中学1年生160名が参加し、大ホールに全6クラスが集合しての実施となりました。まずは学年主任の内田喜巳男先生からのイントロダクション。 続いて講師の柳沢富夫(有限会社ラウンドテーブルコム代表取締役社長)から全体説明。 いよいよワークショップの開始です。5〜6名ずつのグループに分かれ、各グループ内で、議事進行、記録、時間管理、参考データ分析、発表と、5つの役割があらかじめ決まっています。アイスブレイクに続いて、SNSのメリットと思われる事柄を付箋に書いて洗い出します。

続いて、SNSのリスクと思われる事柄を付箋に書いて洗い出します。 数を競いましたが、どのグループでも、最初のメリットの時に比べ、次のリスクの時の方が、はるかにたくさんの事例を挙げることができました。思考がだんだんと活性化してきたようです。 中盤は、メリットとリスクのそれぞれについて、類似の事例ごとに分類、リスクについては優先順位をつけて、優先度の高いものから対策を話し合いました。講師が配布した客観データも参考にしながら、グループごとに最も合理的と思われる対策を話し合いで一つに絞り、それを最も効果的にアピールするポスターを作りました。
最後は発表です!最も多かったテーマは「個人情報」、続いて「使用時間」、それから「フェイク情報」「友人関係」が同列でした。個人情報は社会的にも重視されている問題で、子どもたちも我々の予想以上にこの問題に敏感になっていることがわかりました。 このようなアクティブラーニング型の学習で、子どもたちは問題を自分ごととして捉え、自らコミットすることによって、その場限りではない責任ある行動に繋がります。

開智日本橋学園の元気な中学1年の皆さんとのひと時で、私たち講師も多くの気づきを得ることができました。

この夏、学校の先生方のご要望で「学習コーチ研修」e-Learning版を再開します!

2000年に学習コーチを育成し始めて、18年が経ちました。
この夏、学校の先生方のご要望もあり、「01学習コーチ」研修を再開します。

ICT, Education & Active Web Solutionのテーマを掲げて活動してきた(有)ラウンドテーブルコムでは学校現場の方々と様々なプロジェクトをご一緒してきました。

最先端のICT技術を学校現場に導入する意味とは何か、その先には何が見えるのかを突き詰めた結果、昨今の塾業界が個別指導を始める前に、ICTを活用した究極の個別指導のあり方としての学習コーチの必要性を痛感しています。

その学習コーチにはどのような資質が必要なのか、どのようなアプローチ方法を身につけなければならないのか、どのような学習環境が必要なのか、様々な方々と協業しながら明らかにしてきた方法論を惜しむなく情報共有させていただきたいと思います。

学習コーチには教員以外でもどなたでも挑戦できます。「01学習コーチ」では学習修了書(Certificate)も提供します。これまで小学生、中学生、高校生、大学生等に学習コーチングの環境を提供してきました。そうした児童、生徒、学生達をサポートしようとしている、あらゆる人、親御さん、教員、学校スタッフ、家庭教師の方々、主婦(夫)の皆さんに、幅広く学習の機会を提供できるプラットフォームになっています。学習コーチを体験するとビジネスコーチとは一味違うコーチングも体験でき、コーチとしての資質を伸ばすきっかけともなることでしょう。

多くの方々にご参加いただけますと幸いです。