L-TanQ」カテゴリーアーカイブ

岩手町でSDGs未来都市共創プロジェクトを始めます!

SDGsをテーマに地域での実践プロジェクトを考える一連のワークショップをラウンドテーブルコムがご提供してまいります。

第1回から第3回までの基礎編は、沼宮内高校の「総合的な探究の時間」と、町民の皆様向けの講座、同じ内容を実施いたします。

そして第4回の実践編は、基礎編を受講した高校生と町民の皆様、希望者に一堂に会していただいて実施いたします。

どんなプロジェクトになるか、楽しみです!

(※ 第1回につきましては、東京都等での緊急事態宣言延長により、オンラインでの実施となりました。)

全国のエネルギー会社様にSDGsワークショップを届けます!

株式会社NGK (日本元気化計画)様よりご依頼をいただき、2021年3月12日(金)の午後、弊社CEOの柳沢富夫が3時間のSDGsオンラインワークショップを提供いたしました。

水素エネルギー蓄電池としてのアンモニアビジネスなども注目されている昨今のエネルギー産業。「株式資本主義からステークホルダー資本主義へ」収益と社会貢献の両立が求められるSDGs時代の企業経営に高い関心をお持ちの、地域エネルギー会社の経営部門の方々にご参加いただきました。オンラインということで、青森、盛岡、石巻、釜石、筑紫と、多様な地域から参加した皆様の課題をお聞きして、共に考えることができた貴重な時間でした。

はじめに先進事例として、越後天然ガス株式会社様のサステナビリティの取り組みを、弊社が先日取材したインタビュー記事を中心に話題提供、その後、ワークショップに入りました。

ワークショップでは、国が奨励するエコマネー活用型循環共生モデルを念頭に置きながら、まずSDGsと自社の関係を整理した後、SDGsを使って自社ができる地域循環型の新規事業のイメージを、参加者どうしでチームを組んで新規ビジネスを立ち上げるという想定でディスカッションしました。

地域エネルギー会社は地域に根付いた企業であることが強み。地域と連携し、そこから輪をさらに広げていくことで、企業も地域もサステナブルにしていくという方向性では一致団結しました。最後には、「未来を担うこどもたちを支援するプロジェクト」という言葉がエネルギー会社の方から自然に出てきたのは、喜ばしい成果でした。

弊社は、企業が地域の住民やこどもたちと共に進める「ボトムアップ型SDGs教育」を支援します。今回をスタートに、全国のエネルギー会社様にSDGsワークショップを届けていきます!

共に創ろう持続可能な社会 〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜

オンラインイベントのお知らせです。

品川区でSDGs、第3弾です!

国連の設定したSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、コミュニティの役割は大きいです。SDGsストーリーの共有で「まち・ひと・しごと」活性化アクションを起こしましょう!

日時:2021年2月27日(土)
   午後1時〜4時(開始10分前より入室可)

参加方法:Zoom
     ※お申込みいただいた方にメールでURLを通知します。

定員:80名(申込先着順・参加費無料)

内容:

  1. 基調スピーチ
    • 『新型コロナとSDGs』(立正大学 心理学部 小澤 康司 教授)
    • 『戸越公園を中心に地域・企業と連携するSDGs教育の取り組み』(立正大学 地球環境科学部 後藤 真太郎 教授)
  2. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第1部
    • シナネンホールディングス(株) 経営企画部 広報IRチーム 吉田 明子
    • 子どもゆめ食堂「だんらん」 宮木 丸美
    • とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa 杉本 将輝
  3. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第2部
    • 東洋製罐グループホールディングス(株) イノベーション推進室リーダー 三木 逸平
    • 大日本印刷(株) 出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 伊藤 紗知代
    • (株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当 金井 隆行
  4. 参加型ディスカッション 〜コミュニティづくり〜
    • 登壇者&参加者の皆様で、オンライン上のホワイトボードと付箋を使って共に考える
  5. 提言『SDGsアクティブローカルポイント活用で、SDGsアクションの見える化を!』(ラウンドテーブルコム 柳沢富夫)

主催:立正大学、(有)ラウンドテーブルコム
協力:(一社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、シナネンホールディングス(株)、子どもゆめ食堂「だんらん」、とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa、東洋製罐グループホールディングス(株)、大日本印刷(株)、(株)近畿日本ツーリスト首都圏、国際的学習プログラム研究委員会、SDGsポイント研究所@ジャパン、積才房(同)、WHITEBOX
後援:品川区

お申し込みページはこちら

江戸川区立松江第二中学でSDGsの導入授業実施

江戸川区立松江第二中学では10月の校外学習に向けて、SDGsをテーマとした授業に挑戦し始めました!

1回目は先生方からSDGsに関する概略の解説授業。2回目はSDGsすごろくを使っての学びでした。

そして今回は3回目。有限会社ラウンドテーブルコムから講師2名が出張して「なぜ今SDGs?」という子ども達の真摯な疑問に答え、自分事に落とし込めるような情報を提供してきました。
「日本の国とSDGs」「日本の企業とSDGs」「日本の地域とSDGs」「日本の学校とSDGs」「自分とSDGs」をいうテーマで事例を紹介しました。
さらに、最後には各自が2030年までにできる可能性のあるプロジェクトについての宣言文を記入してもらいました。今回の一連の授業が始まる前の時点での生徒たちの状態をルーブリック表に記入し、すべての学習を終えた時点で再度記入して分析してみるというルーブリック活用への挑戦も行います。

授業は1年生の3クラスで順繰りに同内容で行いました。

どのクラスでも生徒たちは興味津々で事例を参考にしながら自分たちのプロジェクトを考える姿が見られました。特に、ドイツのベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)が各国のSDGs達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2020年版、日本のページへの反響は大きかったです。参考資料として配布した三井住友フィナンシャル・グループの「Junior SAFE Vol.4」や朝日新聞社のSDGs冊子最新版も参考になっているようでした。

これからの授業で、どのような才能が伸ばせるか、最後まで楽しみです!

第3回「地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜」参加者募集!

これからSDGsの学習に取り組もうと思っている、子どもたち、保護者、教育関係者向けのイベントです。
新型コロナの問題で学校に通えていない今、こうした課題にも取り組みたいと思っている方々、ぜひ参加してください。
Zoomでの開催になります。先着50名まで。

開催日時:2020年5月4日(月)午後1時スタート 1時間程度
開催方法:zoom会議形式
講師:柳沢富夫、木村京子

第3回は、「ゴミのない社会へ〜忍野村の子どもたちの取り組み」。忍野村でゼロ・ウェイスト・ビレッジ×SDGsを推進する日向治子さんと、こどもエコクラブ「キッズカレッジSAKUYA」の子どもたちをゲスト講師にお迎えします。

忍野村の子どもたちから取り組みについてお話を聴いて、自分たちもできることを考えてみませんか?

(SDGsは国連が全会一致で決議した2030年までに達成する17の目標で、近年多くの中・高入試問題でも採り上げられています。)

参加お申し込みは以下からお願いします。

親御さんとお子さんご一緒の参加も大歓迎です。

    Don't Stop Learning! 学びを止めるな!

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須、保護者のメールでも可)

    保護者氏名 (中学生以下は保護者の名前)

    保護者メールアドレス (中学生以下は親御さんのメール)

    所属(学校名等)

    学年

    肩書き(児童、生徒、学生、教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等、親御さん)

    メッセージ本文

    第2回「地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜」開催報告

    2020年4月23日(木)午後1時〜2時、(有)ラウンドテーブルコム 国際的学習プログラム研究委員会及びSDGsポイント研究所 @ジャパンは第2回「地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜」をZoomで開催しました。

    有志PTA連合による「Don’t Stop Learning! 学びを止めるな」プロジェクトの一環。休校が続く子どもたちに、普段学校では学べないことを少しでも提供できればと、PTAで連携して、何か子どもたちにできることはないかと立ち上がったプロジェクトです。

    今回は教員や支援する大人の参加が多く、各地で起きているプロジェクトの情報交換と、これから遠隔で共創を起こしていくにはどうしたらいいのかという前向きな会議となりました。

    はじめにウォーミングアップとして、小学生向けに用意していた「SDGsクイズ」のご紹介。弊社の「SDGsサポーター」サイトには、クイズをはじめ、SDGsを学べる様々な教材があります。スターター・コースにはゲスト・ログインでアクセスできますので、ぜひご活用ください!

    「日本の学校とSDGs」では、まずは高校での事例として、正則学園で有志の生徒たちとSDGsプロジェクトを立ち上げた先生から昨年度の「琵琶湖を通じてSDGsを学ぼう!」という活動についてご報告いただきました。

    続いて中学での事例として、大田区立矢口中学校で昨年度2学期・3学期を通じて総合の時間で実施したSDGs学習について、仕掛人であった先生からご報告いただきました。

    SDGsに取り組む企業の方、前回に続いてNPOの方のご参加もあったので、後半は、多様な立場から教育現場と連携して子どもたちの生きる力を伸ばすSDGsプロジェクトを共創したいと活動している皆さんの熱い議論となりました。

    次回は、忍野村こどもエコクラブ「キッズカレッジSAKUYA」の子どもたちを迎えて、お話をうかがいます。お楽しみに!

    第2回「地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜」参加者募集!

    これからSDGsの学習に取り組もうと思っている、子どもたち、保護者、教育関係者向けのイベントです。
    新型コロナの問題で学校に通えていない今、こうした課題にも取り組みたいと思っている方々、ぜひ参加してください。
    Zoomでの開催になります。先着50名まで。

    開催日時:2020年4月23日(木)午後1時スタート 1時間程度
    開催方法:zoom会議形式

    第2回は、「学校と私とSDGs」
    1. みんなで挑戦!SDGsクイズ(ウォーミングアップ)
    2. 学校とSDGs(取り組み紹介)
    3. 自分とSDGs(今日からできることを考えよう)
    4. 話し合い(みんなのプロジェクト・テーマを大募集!)
    講師:柳沢富夫、木村京子

    (SDGsは国連が全会一致で決議した2030年までに達成する17の目標で、近年多くの中・高入試問題でも採り上げられています。)

    参加お申し込みは以下からお願いします。

    親御さんとお子さんご一緒の参加も大歓迎です。

      Don't Stop Learning! 学びを止めるな!

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須、保護者のメールでも可)

      保護者氏名 (中学生以下は保護者の名前)

      保護者メールアドレス (中学生以下は親御さんのメール)

      所属(学校名等)

      学年

      肩書き(児童、生徒、学生、教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等、親御さん)

      メッセージ本文

      第1回「地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜」開催報告

      2020年4月14日(火)午後1時〜2時、(有)ラウンドテーブルコム 国際的学習プログラム研究委員会及びSDGsポイント研究所 @ジャパンは第1回「地球を止めるな!〜みんなのSDGs会議〜」をZoomで開催しました。

      有志PTA連合による「Don’t Stop Learning! 学びを止めるな」プロジェクトの一環。休校が続く子どもたちに、普段学校では学べないことを少しでも提供できればと、PTAで連携して、何か子どもたちにできることはないかと立ち上がったプロジェクトです。

      オンライン会議システムのZOOMやYouTubeを使いネットを通じて全国の識者や著名人や学校の先生などに協力を得て、プログラミング、英語、日本文化など様々なコンテンツを都内をはじめ全国の子どもたちに提供する試みです。

      その中で私たちは、このような機会にSDGsの学習に取り組もうと思っている子どもたち、保護者、教育関係者に、オンラインで学び、考え、自由に意見を交換していただける「地球を止めるな!みんなのSDGs会議」を企画しました。

      初回で告知も間に合わない状況でも、小学生4人、保護者2人に加え、徳島県から小学校の先生方、山梨県からNPO代表の方にご参加いただくことができました。

      第1回のテーマは「なぜ今SDGs?」。

      1. 地球からのSOS!(SDGsとは)
      2. 日本の国・企業・地域・学校とSDGs(取り組み紹介)
      3. 話し合い(みんなの身の回りでは?)

      徳島県からは上板町立高志小学校での食品ロスをなくす給食の取り組み、山梨県からは忍野村こどもエコクラブ「キッズカレッジSAKUYA」の取り組みについて教えていただきました。板橋区から参加した小学生は、「ぼくの学校では、リサイクル、ごみの分別(もえる、もえない)をやってるよ」

      参加した子どもたちからの感想は、「世界が案外貧困が多いと知った」「ちょっと難しかったけど楽しかった」

      地方と都会、それぞれが課題を抱えていて、「地方の子ども、都会の子どもの連携が必要」という意見も出ました。

      次回からはテーマを決めてフォーカスし、もっと子どもたちの参加が増えるようにしたいと思います。4月中にもう1〜2回は開催し、休校期間が終わっても、この活動は継続していきたいと思っています。次回日程とテーマは弊社ホームページでも告知しますので楽しみにお待ちください!

      e-Learning導入に悩んでいる方に

      新型コロナの影響で、子供達にどのようなe-Learning環境を準備しておけば良いのかお悩みの教育関係団体の方、是非弊社にご相談ください。

      テレビ会議システムを用意すればe-Learningは大丈夫という訳ではありません。
      時間と場所(動画を配信できる環境)を限定してしまうシステムに依存してしまうと、誰一人取り残さない環境とは言えないのではないでしょうか?
      また、授業の動画配信を受診するにはそれなりのデータ利用料が発生してしまいます。

      是非非同期型のe-Learning環境もこの際積極的に検討していただければと思います。

      e-Learningのプラットフォームには無料で使えるものから、有料で使えるものまで様々なものがあります。お金をかければ最高の環境が揃うのは間違い無いです。しかし皆様の環境に応じたe-Learning環境を考えたいという方は是非弊社に一度ご相談いただけると幸いです。

      これまでの活動

      2019年度〜 (株)野村総研とのコラボレーションで作成した教育用SDGsワークシートを導入したSDGs Wroksheet!でe-Learningプラットフォームmoodleの導入、運用、メンテナンス
      2019年度〜 朝日新聞社とのコラボレーションで作成したSDGsサポーター養成講座を導入したe-LearningサイトSDGs Supporterでe-Learningプラットフォームmoodleの導入、運用、メンテナンス
      2019年度〜 教育現場で起きるSDGsプロジェクトを支援するSDGsアクティブ・ローカル・ポイント・システムL-TanQの開発及び導入、運用、メンテナンス
      2018年度〜 学習コーチ研修用サーバーとして01 Learning Coachでe-Learningプラットフォームmoodleの導入、運用、メンテナンス
      2017年度〜 フランス国営通信社AFPのコンテンツを活用した英語学習サイトAFP English Workshopの導入、運用、メンテナンス
      2016年度〜 学習ログアプリi-TanQの開発及び導入、運用、メンテナンス
      2012年度〜 英語学習及びコーチングサイト01e-coachでe-Learningプラットフォームmoodleの導入、運用、メンテナンス
      2010年度〜 段取り塾PB義塾の導入、運用、メンテナンス
      2008年度〜 慶應義塾大学外国語教育研究センター オープンソースのe-Learningプラットフォームmoodleの導入、運用、メンテナンス
      2008年度〜 K-12 Project Based Learning Contest : BBCoach Projectのオープンソースの教育SNS「i-create」の導入、運用、メンテナンス
      2008年度〜2019年度 関東学院大学 理工学部 理工学科 映像クリエーションコース オープンソースの教育SNSでの授業実践を活用した授業実践、授業用動画作品配信サーバーNMBの導入、運用、メンテナンス
      2008年度、2009年度 杏林大学 外国語学部 オープンソースのオープンソースの教育SNSでの授業実践を活用した授業実践
      2005年度〜2006年度 多摩美術大学 情報デザイン学科 オープンソースの学習コミュニティサーバーを活用した授業実践
      2005年度〜2006年度 都立戸山高校 情報科 オープンソースの学習コミュニティサーバーを活用した授業実践
      2003年度〜2007年度 K-12 Project Based Learning Contest : BBCoach Projectのオープンソースの学習コミュニティサーバー稼働
      2000年度〜2006年度 アットマーク・インターハイスクールでバーチャルハイスクールシステムの開発及び運用、メンテナンス
      1997年度〜2003年度 慶應義塾普通部 選択科目「Webページをつくろう!」でスクラッチから学習コミュニティサーバー開発及び運用、メンテナンスして授業実践

        e-Learning環境構築のご相談窓口

        お名前 (必須)

        メールアドレス (必須)

        所属(学校名、企業。地域住民等)

        肩書き(教員、教務主任、校長、教授、非常勤講師等、学生、役職、部署)

        題名
        共に創ろう持続可能な社会

        メッセージ本文

        ご紹介団体、認知ルート

        [acceptance* acceptance-320 optional] サイト規約に同意・承諾の上送信します [/acceptance]