投稿者「KimuraKyoko」のアーカイブ

岩手県立大学の学生たちにオンラインでお話ししました!

2021年5月14日(金)、岩手県立大学総合政策学部の学生たちに、(有)ラウンドテーブルコムの代表取締役 柳沢富夫が、itaru/taku/COL.の稲垣氏らとともに、岩手町SDGs未来都市プロジェクトの構想をお話ししました。

学生たちは、4月30日(金)「法律・行政実習A」の授業内にて、岩手町みらい創造課長 地舘浩二氏より岩手町のまちづくりのこれまでとこれからについて、岩手町政策アドバイザーの藤倉潤一郎氏よりSDGs未来都市共創プロジェクトの具体的な取り組みの一部について、講義を受け、「学生として岩手町にできること」をテーマにブレインストーミングしてきたことを踏まえ、この日は実際に岩手町に来訪し、2グループに分かれて視察を行いました。

私たち企業からのお話は、視察から戻った学生たちにオンラインで実施。その後、学生は町内の方々とざっくばらんに意見交換しました。

詳細は、下記の岩手町SDGsのページで紹介されています。

岩手町でSDGs未来都市共創プロジェクトを始めます!

SDGsをテーマに地域での実践プロジェクトを考える一連のワークショップをラウンドテーブルコムがご提供してまいります。

第1回から第3回までの基礎編は、沼宮内高校の「総合的な探究の時間」と、町民の皆様向けの講座、同じ内容を実施いたします。

そして、第4回の実践編は、基礎編を受講した高校生と町民の皆様、希望者に一堂に会していただいて実施いたします。

どんなプロジェクトになるか、楽しみです!

(※ 第1回につきましては、東京都等での緊急事態宣言延長により、オンラインでの実施となりました。)

関連記事:

2020年度国際的学習プログラム研究委員会 委員&ゲスト登壇者

ゲスト登壇者
小澤康司 立正大学 心理学部 教授
後藤真太郎 立正大学 地球環境科学部 教授
吉田明子 シナネンホールディングス(株) 経営企画部 広報IRチーム 
宮木丸美 子どもゆめ食堂「だんらん」 
杉本 将輝 とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa
三木 逸平 東洋製罐グループホールディングス(株)イノベーション推進室リーダー 
伊藤 紗知代 大日本印刷(株)出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 
金井 隆行 (株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当
増渕舜一 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 修士2年
直野廉 レフティパーティー 代表
御友重希 NRI未来創発センター 制度戦略研究室 主席研究員(財務省より官民交流)

委員 
柳沢富夫 (有)ラウンドテーブルコム、関東学院大学
櫻井淳二 積才房(合)
上村光治 ホワイトボックス 
木村京子 (有)ラウンドテーブルコム(サステナビリティ推進担当)

全国のエネルギー会社様にSDGsワークショップを届けます!

株式会社NGK (日本元気化計画)様よりご依頼をいただき、2021年3月12日(金)の午後、弊社CEOの柳沢富夫が3時間のSDGsオンラインワークショップを提供いたしました。

水素エネルギー蓄電池としてのアンモニアビジネスなども注目されている昨今のエネルギー産業。「株式資本主義からステークホルダー資本主義へ」収益と社会貢献の両立が求められるSDGs時代の企業経営に高い関心をお持ちの、地域エネルギー会社の経営部門の方々にご参加いただきました。オンラインということで、青森、盛岡、石巻、釜石、筑紫と、多様な地域から参加した皆様の課題をお聞きして、共に考えることができた貴重な時間でした。

はじめに先進事例として、越後天然ガス株式会社様のサステナビリティの取り組みを、弊社が先日取材したインタビュー記事を中心に話題提供、その後、ワークショップに入りました。

ワークショップでは、国が奨励するエコマネー活用型循環共生モデルを念頭に置きながら、まずSDGsと自社の関係を整理した後、SDGsを使って自社ができる地域循環型の新規事業のイメージを、参加者どうしでチームを組んで新規ビジネスを立ち上げるという想定でディスカッションしました。

地域エネルギー会社は地域に根付いた企業であることが強み。地域と連携し、そこから輪をさらに広げていくことで、企業も地域もサステナブルにしていくという方向性では一致団結しました。最後には、「未来を担うこどもたちを支援するプロジェクト」という言葉がエネルギー会社の方から自然に出てきたのは、喜ばしい成果でした。

弊社は、企業が地域の住民やこどもたちと共に進める「ボトムアップ型SDGs教育」を支援します。今回をスタートに、全国のエネルギー会社様にSDGsワークショップを届けていきます!

「旅するPBL探究テキスト」を執筆しました!

近畿日本ツーリスト様と、学校行事である修学旅行において学習効果を引き出す学習教材「旅するPBL探究テキスト」を開発し、弊社CEOの柳沢富夫が執筆しました!

修学旅行は学びの集大成です。貴重な学習の場として「旅」をプロジェクトとして捉え、『旅先で本物に触れ、旅を楽しみながら主体的に深く学ぶ。旅行後にその成果として自分の言葉でプレゼンテーションに挑む。』というように、アクティブラーニングの実践によって子供たちの能力の育成に役立つことを期待しています。
また、テキストの売上の一部は、国連UNHCR協会への寄付を通じて世界の難民の子供たちのために役立っています。
*PBL:「Problem-based Learning」の略で、問題(課題)解決型学習のことをいいます。

https://www.kntcthd.co.jp/csr/sdgs/sdgs.html

越後天然ガス様のSDGs取り組みについて社長インタビューを掲載しました!

「2050年に向けた地方ガス事業者のサステナブルな経営」の概念をいち早く事業やまちづくりに取り入れ、地域と密接に関わりながらサステナビリティ活動に取り組んでいるのが、新潟県新潟市秋葉区に本社を置き、新潟市秋葉区、新潟市江南区、五泉市に都市ガスを供給している越後天然ガス株式会社です。

今回ラウンドテーブルコムでは、株式会社NGK(日本元気化計画)のご協力により、越後天然ガスが実現する「えちてんサスティナブルビジョン 2050」達成のための取り組みについて、越後天然ガス株式会社代表取締役社長 小出薫さんにインタビューすることができました。

先を見据えた戦略で、利益を上げながら環境とコミュニティづくりも推進していく、越後天然ガスの地域密着型の取り組みを、下記のリンクからお読みいただけます!

地域と共に前進する。越後天然ガスの、みんなを “Win” にするサステナブル経営戦略

ラウンドテーブルコムでは、SDGsに取り組む素敵な企業へのインタビューを今後も随時実施してまいりますので、お楽しみに!

イベント開催報告「共に創ろう 持続可能な社会 第3弾〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜」

2021年2月27日(土)オンライン会議システム Zoomを活用して、地域の団体、企業、教育機関、その他の方々と共にプロジェクトを創出するイベントを開催しました。共同主催:立正大学、(有)ラウンドテーブルコム、後援:品川区。

テーマは「共に創ろう 持続可能な社会 第3弾〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜」。国連の設定したSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、コミュニティの役割は大きいです。SDGsストーリーの共有で「まち・ひと・しごと」活性化アクションを起こしましょう!!というイベントでした。新型コロナウイルスの感染予防のため、初めてのオンライン開催となりましたが、参加者・登壇者・スタッフ合わせて66名が参加しました。

立正大学から今回は3度目となる小澤康司教授(心理学部)に加え、後藤真太郎教授(地球環境科学部)にもお手伝いいただき、地域のサポーターとして、子どもゆめ食堂「だんらん」とごゑの会(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa、そしてSDGsに取り組む企業として、シナネンホールディングス(株)東洋製罐グループホールディングス(株)大日本印刷(株)(株)近畿日本ツーリスト首都圏の皆様にご登壇いただくことができました。

まずは立正大学 心理学部 小澤康司教授から、『新型コロナとSDGs』のテーマで問題提起いただきました。

続いて、立正大学 地域環境科学部の後藤真太郎教授から、『戸越公園を中心に地域・企業と連携するSDGs教育の取り組み』についてご講演いただくとともに、後半のワークショップで使う、評判の高いオンラインホワイトボード「miro」も実演いただきました。

その後、今回のメインパート、企業・団体のSDGsプロジェクト紹介〜ストーリーの共有〜トップバッターのシナネンホールディングス(株)経営企画部 広報IRチーム 吉田 明子 様から、「脱炭素社会」を見据えたシナネンHDグループの取り組みを共有いただきました。

子どもゆめ食堂「だんらん」宮木 丸美 様から、子ども食堂の現状と求められる支援について。

とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa 杉本 将輝 様からは、地域とともにSDGs「戸越界隈のくらしをゆたかに」をミッションとする「とごゑの会」活動紹介と、「モノプロしながわ」からGIGAスクールに関する提言をいただきました。

10分の休憩を挟み、ストーリー共有の後半は、このイベントへのご登壇は皆勤賞となりました東洋製罐グループホールディングス(株)イノベーション推進室リーダー 三木 逸平 様から、最新情報を共有いただきました。

続いて、大日本印刷(株)出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 伊藤 紗知代 様から、絵本コンテンツを活用したオンラインPBL(プロジェクトベースドラーニング)の活動についてお話しいただきました。

(株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当 金井 隆行 様からは、リモート修学旅行でSDGsの学びを、というお話をいただきました。

この後、参加型ディスカッションの時間に移り、登壇者&参加者の皆様で、オンライン上のホワイトボードと付箋を使い、SDGsのコミュニティづくりについて共に考えるワークショップを行いました。

最後に、弊社(有)ラウンドテーブルコム 代表取締役 柳沢富夫より、提言「SDGsアクティブローカルポイント活用で、SDGsアクションの見える化を!」ということでまとめを行い、3時間に渡った熱いイベントが幕を閉じました。

(有)ラウンドテーブルコムでは、教育現場と地域、企業、自治体を繋ぎ、「知る」「考える」「行動する」の3ステップを子どもたちが自ら体験できる環境としての地域づくりを目指しています。今後も全国でこのようなSDGs好循環を生み出す活動をして行きたいと願っています。

NRI未来創発センターのYouTubeチャンネルにゲスト出演!

弊社より、CEOの柳沢と、サステナビリティ推進室の木村が、NRI未来創発センターのYouTubeチャンネルにゲスト出演させていただきました。

NRI未来創発センターでは、コロナ危機を乗り越え「レジリエントなニューノーマル」に向けて~新型コロナウイルス三位一体ショックから再興への処方箋(1)-(5)の実践~と題して、内外で活躍する有志がリモートで毎週議論を繰り広げ、5月〜10月に緊急提言を発表しましたが、今回は各分野の再興・共創に向け、10月〜11月にリアルで行われた議論をSDGs NAVIの「ガマ兄」のMCによる動画にまとめ、YouTubeで発信されました。

弊社が出演した、第4回:ボトムアップ型「学び方・働き方」の構築は、こちらです。

共に創ろう持続可能な社会 〜ストーリーの共有とコミュニティづくり〜

オンラインイベントのお知らせです。

品川区でSDGs、第3弾です!

国連の設定したSDGs(持続可能な開発目標)を達成するために、コミュニティの役割は大きいです。SDGsストーリーの共有で「まち・ひと・しごと」活性化アクションを起こしましょう!

日時:2021年2月27日(土)
   午後1時〜4時(開始10分前より入室可)

参加方法:Zoom
     ※お申込みいただいた方にメールでURLを通知します。

定員:80名(申込先着順・参加費無料)

内容:

  1. 基調スピーチ
    • 『新型コロナとSDGs』(立正大学 心理学部 小澤 康司 教授)
    • 『戸越公園を中心に地域・企業と連携するSDGs教育の取り組み』(立正大学 地球環境科学部 後藤 真太郎 教授)
  2. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第1部
    • シナネンホールディングス(株) 経営企画部 広報IRチーム 吉田 明子
    • 子どもゆめ食堂「だんらん」 宮木 丸美
    • とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa 杉本 将輝
  3. 企業・地域のSDGsプロジェクト紹介 〜ストーリーの共有〜 第2部
    • 東洋製罐グループホールディングス(株) イノベーション推進室リーダー 三木 逸平
    • 大日本印刷(株) 出版イノベーション事業部 グローバル事業推進部 伊藤 紗知代
    • (株)近畿日本ツーリスト首都圏 本社団体旅行部 SDGs推進担当 金井 隆行
  4. 参加型ディスカッション 〜コミュニティづくり〜
    • 登壇者&参加者の皆様で、オンライン上のホワイトボードと付箋を使って共に考える
  5. 提言『SDGsアクティブローカルポイント活用で、SDGsアクションの見える化を!』(ラウンドテーブルコム 柳沢富夫)

主催:立正大学、(有)ラウンドテーブルコム
協力:(一社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、シナネンホールディングス(株)、子どもゆめ食堂「だんらん」、とごゑの会、(一社)モノづくりXプログラミングfor Shinagawa、東洋製罐グループホールディングス(株)、大日本印刷(株)、(株)近畿日本ツーリスト首都圏、国際的学習プログラム研究委員会、SDGsポイント研究所@ジャパン、積才房(同)、WHITEBOX
後援:品川区

お申し込みページはこちら

「ステラとカモメ」プロジェクト全体交流会を開催しました! #2

第1回zoom会議および以降1ヶ月間のPM Gijuku Online上でのディスカッションを踏まえ、再び参加者が一つのオンライン会議場に集い、プラスチック問題の解決に向けた遠隔地どうしの連携を促進する「プロジェクト憲章」を策定するため、第2回zoom会議を開催しました。

今回のゴールは、遠隔チームがオンライン会議で共通の課題への解決策を考察し、行動宣言をプロジェクト憲章に落とし込むことにより、今後のアクションを開始することです。

今回も、忍野村こどもエコクラブ「キッズカレッジSAKUYA」、ヒーローアカデミー、草加の有志チーム、そして協賛の大日本印刷さんに加え、株式会社JTBの方にもご参加いただきました。

まず最初にリレー朗読の編集動画(完成版)を視聴、それから、この1ヶ月間の調査・考察・行動の情報共有し、遠隔地どうしでチームを組んでアイデアをプロジェクト憲章にまとめるディスカッションおよび発表を行いました。

自分たちのプロジェクトを、
<why?>何のためにやるのか
<how?>どうやって実現するのか
<who?>だれがやるのか?
<what?>何をするか、何ができるのか
<when?>いつやるか(期間・時期)
<where?>どこでやるか
という順番でディスカッションを深めながら、最終的に、PM Gijuku Online上に次のようなプロジェクトが「プロジェクト憲章」として宣言されました。

  • 演劇プロジェクト(背景アート、音楽も含む)
  • 企業への提言プロジェクト(自動販売機)
  • アート写真コンテストプロジェクト(一般向け、企業むけ)
  • 「リサイクリエーション」プロジェクトの学校への働きかけ(ブロックのバイオプラスチック化を企業に提案)

このような、こどもたち発のプロジェクトに対して、大人はどんな手伝いができるかを考えなければいけませんね!

最後に、今回のプロジェクトのインパクトを地域ポイントとSDGsポイントに換算、SDGsアクティブローカルポイントの仕組みである「L-TanQ」によって協賛企業との間でポイント交換式を行いました。

今回のプロジェクトで重要な点は、遠隔地間どうしのこどもたちがSDGsのテーマでチームを組む協働学習のプロジェクトに対して、協賛企業が契機となる絵本20冊を寄贈してくださったことです。

このような企業の関わり方を価値化・可視化するために、有限会社ラウンドテーブルコム(RTC)が運営するSDGsアクティブローカルポイントシステム「L-TanQ」を活用しました。具体的には、絵本20冊の配布という支援を、市販価格を参考に32000ポイントに換算、今回のプロジェクトと最も関わりの強いSDGsの「ゴール4(教育)」「ゴール17(パートナーシップ)」に16000ずつのSDGsポイントとして振り分けて付与しました。

こどもたち等によるプロジェクトへの企業の関わりを、単なる「協賛」に終わらせず、このような形で評価して価値化・可視化していくことにより、様々な企業を巻き込むことが可能になり、継続的なパートナーシップにつながることが期待されます。

9月の絵本リレー朗読会から始まった一連のプロジェクトの結びにあたり、参加者の皆様から全体を通しての感想をうかがいました。

  • 二回ともディスカッションに参加させていただき、いろんな意見を聞くことができ、実に有意義な時間を過ごすことができました。これからもこのディスカッションを元に、いろんなことにチャレンジしてみようと思います。また機会があれば、その時もよろしくお願いします!(高校生)
  • SDGsについてもっと知りたい・調べてみたいと思いました。(小学生)
  • 参加させていただきありがとうございます。こどもたちの必死に考える姿に、何か大人としてできることを明確にお伝えしても良かったかなと思います。こどもの可能性は無限だと思いましたので、引き続き宜しくお願い致します。リアルで会えるようになったら、さらに盛り上がるのかもしれません。(保護者)
  • ありがとうございました。こどもたちの意見に感銘を受けました。私ももっと学習しないといけないと感じました。また、こちらの活動を活かし、次のステップである事業化を目指してがんばっていきたいと思います。(企業)

また、プロジェクトの開始時と終了時に簡単なルーブリック(アンケート)を取りました。

レベル1SDGsについて、全く知らない。
レベル2SDGsについて知っているが、特に興味ない。
レベル3SDGsについて、興味があり、もっと知りたい。
レベル4SDGsについて、自分でも調べてみたい。
レベル5SDGsについて、知ったことを仲間と共有したい。
レベル6SDGsについて、知ったことを仲間と共有して、活動をしている。
SDGsの意識・行動
レベル1自分で考えて一人で行動する方が良い。
レベル2みんなで一緒に考えてみるのも一つの方法だ。
レベル3みんなでやると、自分では考えつかないことも起こるので、やりにくい。
レベル4みんなでやると、自分では考えつかないことも起こるので、楽しいかも。
レベル5自分とは違う意見の人とも一緒に活動できることは大切だ。
レベル6みんなでやると1人ではできないこともできるので楽しい。
協働学習の意識・行動

一連のプロジェクト活動の事前事後のルーブリック比較により、「SDGsの意識・行動」「協働学習の意識・行動」の両側面において、オンラインを活用する遠隔地間のチームPBLは効果的であることが確認できました。

一冊の絵本を契機にスタートしたこどもたちのSDGsへの取り組みアイデアの中で、こどもたちが連携したいと思っているパートナーとして、具体的な企業名や企業イメージが浮かび上がってきて、様々な企業を巻き込める可能性が出てきたことも、今回の大きな成果と言えるでしょう。