Second Life2

Second Lifeが好調だ!
米国の3Dバーチャル空間。
mixiの立体版という感じだろうか。
私が登録したのが、1月末。
その時は会員数300万人。
現在は350万人を超えている。

登録すると、ネットゲームのような世界に入り込んで、自分のアバターで自由に世界を飛ぶ事ができる。そう、人間が空を飛ぶ夢の世界の始まりだ。フロイト的に言うと、空を飛ぶ事と性欲は繋がるとか・・・この辺がポイントなのだろうか?

月会費を払うと土地が購入できる。土地がないと、この世界で手に入れたグッズなどを保管することができない。土地を購入すると、部屋が作れたり、看 板を出す事ができたり、自分の居場所を確保することができる。土地はGIS情報にひもづいており、座標軸から検索対象にもなる。もしかすると窮極のGIS 学習基盤になるかも。

昨年からこの中のバーチャル空間で手に入れるバーチャルマネーが米ドルと換金できるようになったことで、一躍騒がれ始めている。既にこの空間内での 様々な取引が始まっていて、そろそろ実社会が無視できない金額が動き始めているからだ。建築業界や金融業界の規制も無く、まだまだ未開拓だが、実社会とは ことなるパワーシフトが組まれるとしたら、チャンスは無数にあるだろう。しかし、一方で実社会とのつながりが既得権者からの規制を受ける抜け穴になってし まう危険性も秘めている。さて、どっちに転ぶか。

いずれにせよ、そのうち経済学者も研究対象としなければならない空間が出来上がってくるのかもしれない。

日本ではデジタルハリウッドがローカライズ化をしかけている。また、この世界の建築屋さんも少しづつ出て来ており、3Dアーティスト達が立ち上がろうとしている。
先日そんな3D空間プロダクションの(株)メルティングドッツ(http://meltingdots.com/)の浅枝社長と話す機会があった。なんと 日経ビジネスサテライトに出演された翌日にある仕事の関係で、偶然お会いした。私も一緒にプロジェクトを押し進めて行く方向で握手させていただいた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。