理想のe-Learning

慶應義塾大学150周年記念未来への先導基金
2007年度プログラム
「見る、会う、語る アジアの友だちプログラム
-未来のグローバル・リーダーを育てる
アジア交流プログラム」
に協力することになりました。
http://keio150.jp/project/programs/a.html

日本の中学生とアジアの子供達をGIS(地図情報システム)学習を通じて、交流授業を行います。

私が提案した、ウェッブ会議システムとIPTVシステムが採用されます。

リアルな学習とネットをフル活用した学習環境をミックスした、理想の授業のご報告ができると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。