CoderDojoの故郷を訪ねて(3)〜James Whelton氏、取材〜

ダブリン最後の夜、CoderDojo創始者の一人であるJames Wheltonさんが指定した場所、O’Neill’s Victorian Pub and Townhouseへ向かいました。

O’Neill’sという飲食店はいろいろあるようで、その日のお昼を食べたM.J.O’Neill’sとは別の店でした。観光客で賑わう中心地から少し離れた所にあり、地元っ子が通うパブのようです。Jamesさんお気に入りの店で、CoderDojo関係の打合せがあると「アフターパーティー」によく使うそうです。

O’Neill’s Victorian Pub and Townhouse

雨が降り出して傘を取りに部屋へ戻ったりして、約束の時間に少し遅れてしまいました。写真だけでJamesさんを見つけられるか不安でしたが、律儀に「入口を入って真正面に僕は座っています」とメールをくださいました。

Jamesさんは既に何か飲み物を飲んでいて、私たちはそれぞれギネスをゲットしてから、奥の席に移動してお話を始めました。
「この後、友達と会って、それからジムへ行って走るので、8時には失礼しますね」
高校生の頃から有名なハッカーでCoderDojo創始者というから、いわゆるオタクっぽいルックスを想像していたのですが、お会いしてみると爽やかな好青年で、いわゆる「リア充」な感じでした。(註:どちらも私の偏見です。ごめんなさい)

–CoderDojoは日本でも大人気ですよ!「道場」「忍者」といったコンセプトが日本の子どもたちにも親しみやすいみたい。

「そうでしょう!子どもたちがプログラミングを学ぶコミュニティを作ろうと最初にネーミングをどうしようか悩んで、まず『教室』とか『学校』は絶対イヤだ、『クラブ』も『キャンプ』もありきたりでつまらない・・・僕は小さい頃から伊賀忍者に憧れて、剣道とか他にも武道を色々やっていて、Bill(註:CoderDojo共同創始者のBill Liao氏)もそういう世界が好きだったので、じゃあ『道場』にしよう、と決まったのがオープンの1週間前でした」

–そもそもCoderDojoを始めたのは、どうして?

「僕はとても小さい頃からコンピューターに興味があって、9歳の頃にはプログラミングをしていました。高校生になる頃には、勉強はできなかったけど、プログラミングができるやつとして一目置かれていました。学校にはコンピューター部がなかったのですが、僕は個人でコンテストなどにも出ていたので、学校内や、他の学校からも、プログラミングを学びたい生徒たちから教えてほしいと頼まれるようになりました。そういう子たちの助けになるように、クラブを立ち上げようと思ったのです」

–Billさんとは、どうやって出会ったのですか?

「そういうコンテストの会場で出会って、その時は10秒間ほど会話しただけでしたが、Eメールを交わすうちに、僕はコークに住んでいたのですが、Billはオーストラリア国籍だけどアイルランドではコークで活動していて、ではコークで会いましょう、ということになりました。Billは忙しいので、駅で乗り継ぎのタイミングで待ち合わせて、僕は姉に車で駅まで送ってもらったのですが、喘息の発作を起こしてしまい、Billに会った時は大変な状態。そうしたら、Billも喘息持ちで吸入器を持っていて、それを貸してくれました。Billとの初めてのミーティングは、そんなです(笑)」

–ドラマチックですね!

「僕が立ち上げようとしていたクラブの話をすると、Billが、それは学校内だけの活動ではなく、もっと広げるべきだと言ってくれて、それがCoderDojoの始まりだったのです。こんな世界的な規模になるとは、その時は思いませんでした」

–あなたにとって、CoderDojoのポリシーとか、ビジョンは?

「まず、楽しいこと!アイルランドの大学にはコンピューター・サイエンスの学科があるけど、入学しても卒業できるのは4分の1ぐらい。難しすぎるし、面白くない。単位を落とすと再履修は有料になるので、みんなドロップアウトしてしまうのです。僕は子どもたちに、まず、プログラミングの楽しさを知ってほしい!
それから、日本でもそうかもしれないけど、プログラミングを学ぶ目的がIT業界での就職か起業だと思っている人たちが多いのです。僕はそれをもったいないことだと思います。CoderDojoの女の子で、両親が養蜂家を営んでいるという子がいました。彼女はプログラミングを学んで、両親のために養蜂に役立つアプリを開発したのです。そのように、プログラミングはそれ自体が目的ではなくて、社会に役立つツールだと思います。プログラミングを学ぶことで社会とつながることができます。だからもっと、CoderDojoで学んだ子たちが、公共とか、農業、漁業・・・いろんな他の産業に就職して、そこでスキルを活かして社会変革をしていってくれることを期待します」

–素晴らしい!それは私たちがやってきたPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)の考え方と一致します。

「僕からも質問させてください。CoderDojo品川御殿山は、どういう道場?他の道場と違う特色は?」

–CoderDojoは地域との繋がりが大きなメリットだと思います。一方で、では場所がないとできないのかというと、決してそんなことはないでしょう。インターネットの草創期から、プログラミングを学びたいと思ったら、学校に通わなくても、ネットの世界に先生や仲間はたくさんいました。CoderDojo品川御殿山は、場所を提供してくださる支援者のおかげで無事キックオフしましたが、将来的にはオンラインでも参加できる道場にしたいですね。

「そう、僕もネット上で学んだことがたくさんあります。でも、ちょっと怖い面もあります。ネット上で知り合った仲間の何人かは、違法なハッキングをして逮捕された者もいます。もちろん社会的に良い活動をしている仲間もいっぱいいますけどね」

–常にリスクとは背中合わせですね。子どもたちが間違った方向に行かないためにも、CoderDojoは月一回とか隔月とか顔を合わせる時だけでなく、もっと継続的に子どもたちを見てあげることができれば、危険信号も早めにキャッチできると思うのです。危険だからとあれこれ禁止するよりも。そのために必要なのは日々の学習記録。一堂に集まるのはたまにでも、記録さえきちんとフォローできていれば大丈夫だと思います。

「大賛成!ぜひこれからもCoderDojo品川御殿山の様子を知らせてください」

ここで、Jamesさんからもビデオ・メッセージを頂戴しました!

「カメラの前で喋るのは緊張しますね(笑)。アイルランドはどうですか?楽しみましたか?」

–もちろん!豊かな自然、温かい人々、そして、美味しい食とお酒!ギネスは日本でも飲めるけど、本場のは全然違いますね!

「そうでしょう!日本で初めてCoderDojoを立ち上げた時、Ross(註:CoderDojo FoundationのCommunity Lead担当Ross O’Neillさん)が日本のアイリッシュ・パブに行ってみたいと言って打ち上げをアイリッシュ・パブでやって、みんなでギネスで乾杯したのです。そうしたらそれが慣わしになってしまったみたいで、CoderDojoの打ち上げの度にギネスで乾杯している写真が日本から送られてくる・・・Rossのせいだ!(笑)」

–Jamesさん、今は何をしていらっしゃるのですか?

「18歳でCoderDojoを始めて、21歳の時、これも全く偶然だったのですが、アメリカ西海岸の友だちの家に滞在中に、たまたま来ていた中東の会社の人と知り合って、ドバイにある本社のCTOをやってみないかと誘われました。21歳の若造がいきなりCTOなんて、みんなびっくりしたでしょうね。そこで3年ちょっと働いてきたのですが、今はギャップ・イヤーです。18歳からずっと走り続けてきたので、少し立ち止まってこれからのことを考えているところです。
この10月から日本に行きますよ。日本語も勉強しながら、日本でいろんな所へ行ってみます。東京、箱根、飛騨高山、奈良・・・他にどこかお勧めがありますか?来年2月には東京マラソンにもエントリーしています」

–すごい!

ということで、Jamesさんには近いうちに東京で再会できそうです。

2 Replies to “CoderDojoの故郷を訪ねて(3)〜James Whelton氏、取材〜”

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください