「地球地図の学校」 準備会

「地球地図」をご存知だろうか?

日本の国土交通省(国土地理院)が主体となって、国の地図データを公開していこうとする、世界規模の活動だ。
公開されたデータを元に、GIS(地図情報システム)を活用して新たな学習環境を検討していこうという試みでもある。

その第二回準備会が慶應義塾大学の日吉キャンパスで開催された。
私も協力者という事で参加させていただいた。
私からの提案としては

1 大学生を学習コーチとして考えて、中高生がこのGISシステムを使う学習環境を応援する仕組み
2 教員、学校が一体となってこの活動をさせる組織作りとその授業実践の配信作業
3 コミュニティを活用しての仲間作り

を中心に考えた発言をしてきた。

今後、どんな動きになるか楽しみなプロジェクトでもある。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。